LoginSignup
6

More than 5 years have passed since last update.

Chromeアプリを自分で日本語化してみよう

Posted at

はじめに

Chromeウェブストアで配信されている拡張機能は、使いたいアプリが英語であることが少なくありません。
そのため、英語が分からず利用を断念しがちです。
でも、言語ファイルを操作すれば、英語で困ることもなくなります。

自分が英語を知らなくても翻訳できる?

できます。自然語は期待できませんが、Google翻訳などを通せば簡単に日本語化できます。

翻訳の準備

通常は、C:\Users<ユーザー名>\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\Extensions<拡張機能ID>\ に拡張機能があります。
そして、_localesフォルダに、en-usフォルダや、ja-jpフォルダに言語ファイルがあります。
chrome-ext-dir.PNG←これが拡張機能たちのフォルダ

しかし、こんなランダムな文字列なのに、どうやって特定の拡張機能だとわかるようになるのでしょうか。
そのときは、chrome://extensionsにアクセスして、IDを確認しましょう。
chrome-ext-url.PNG←URLを入力
chromeExtID.PNG
青で囲んだ部分がアプリのIDです。例えば、Googleドキュメントの場合は、aohghmighlieiainnegkcijnfilokakeだとわかります。
そこから先ほどのフォルダにアクセスします。すると、バージョン番号の名前のフォルダがでてきます。
chrome-ext-folder.PNG
↑がバージョン番号のフォルダです。これを開きます。
chrome-extMainDir.PNG

すると、ようやく拡張機能のファイルが出てきます。上に「_locales」というフォルダがあります。それを開きます。
chrome-ext-localeDir.PNG

すると、またまた、「bg」とか「en_US」とかいっぱいでてきます。
よくあるのは、「en_US」フォルダだけあるということです。
ここではen_USフォルダを開きます。
chrome-ext-localeJSONdir.PNG

すると、フォルダ内に「messages.json」があります。それを編集して日本語化します。
messages.jsonをAtomなどで開いてください。
chrome-messagesJSON.PNG

これがmessages.jsonです。データ形式はJSONです。例としてはこうです。

messages.json
 {
  "メッセージ名":{
   "description":"どんなメッセージなのかの説明",
   "message":"メッセージ本文"
  }
 }

あとはGoogle翻訳などを通してmessageキーの内容を翻訳します。
そして、翻訳できたら、保存するまえに、_localesフォルダに「ja」フォルダを新規作成します。
chrome-locales-ja.PNG

そこにmessages.jsonを保存してください。これで翻訳は完了です。
Chromeを開いている場合は一旦終了し、再度起動してください。すると、日本語化されているはずです。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
6