Edited at

Ansible モジュール selinux

More than 3 years have passed since last update.


selinux

SELinuxの設定や状態を変更する。


概要

SELinuxのモードや設定を変更する。実行後、再起動が必要な場合がある。

Ansibleは再起動を自ら実行しないが、必要な際に促す。


前提条件

libselinux-pythonが必要。


オプション

引数
必須
デフォルト

備考

conf
no
/etc/selinux/config

デフォルトでない場合のSELinux設定ファイルへのパス

policy
no

state=disableでない場合、SELinux設定の名称(例:targeted)が必須となる

state
yes

・enforcing
・permissive
・disabled
SELinuxのモード


使用例

- selinux: policy=targeted state=enforcing

- selinux: policy=targeted state=permissive
- selinux: state=disabled


注意点


  • Debianベースのシステムでは未検証である。


Ansibleコアモジュール

このモジュールはコア・アンシブルチームによりメンテナンスされます。