Edited at

Ansible実行環境でserverspecを実行するためRuby実行環境を構築する

More than 3 years have passed since last update.

Ansible実行環境でserverspecを実行するための実行端末設定に引き続きAnsible実行端末の設定。

今回はRuby実行環境の構築について記述します。


前提条件

rootユーザで実行


Ruby実行環境構築手順


1.gitとgccのインストール

$ yum install -y gcc git openssl-devel readline-devel zlib-devel


2.rbenvをgithubよりgit clone

※rbenvでRubyの指定バージョンでのインストールや切替を行う

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv

rootの$HOMEに.rbenvが作成されることを確認

$ ls -la

/root/.rbenv


3.rbenvの環境変数を設定

$ vi /etc/profile.d/init.sh

以下を記述する


/etc/profile.d/init.sh

export RBENV_HOME=\$HOME/.rbenv

export PATH=\${RBENV_HOME}/bin:\${PATH}
eval "$(rbenv init -)"

保存後環境変数を適用

$ . /etc/profile.d/init.sh


4.rbenvが使用可能か確認

$ rbenv --version

以下のように現在のバージョンが出力される(バージョンは違う可能性あり)

rbenv 0.4.0-183-gc18a3f9


5.ruby-buildをgithubよりgit clone

$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build


6.インストール可能なRubyバージョンを確認

rbenvを使用してインストール可能なバージョンの一覧を表示する

$ rbenv install --list | less

2.1.2
2.1.3
2.1.4
2.1.5
2.1.6
2.1.7
2.2.0-dev
2.2.0-preview1
2.2.0-preview2
2.2.0-rc1
 # 以下略...


7.Rubyをインストール

今回はRuby2.1.7をインストールする

「Installed」が出たらOK

$ rbenv install -v 2.1.7

installing extension headers: /root/.rbenv/versions/2.1.7/include/ruby-2.1.0/ruby
installing default gems: /root/.rbenv/versions/2.1.7/lib/ruby/gems/2.1.0 (build_info, cache, doc, extensions, gems, specifications)
bigdecimal 1.2.4
io-console 0.4.3
json 1.8.1
minitest 4.7.5
psych 2.0.5
rake 10.1.0
rdoc 4.1.0
test-unit 2.1.7.0
installing rdoc: /root/.rbenv/versions/2.1.7/share/ri/2.1.0/system
installing capi-docs: /root/.rbenv/versions/2.1.7/share/doc/ruby

Installed ruby-2.1.7 to /root/.rbenv/versions/2.1.7


8.rbenv再読み込み

$ rbenv rehash


9.Rubyのバージョンを指定

複数のバージョンをインストールした場合はrehashした後バージョンを指定する

$ rbenv global 2.1.7


10.現在のRubyバージョンを確認

9.で指定したバージョンになっていることを確認する

$ ruby --version

次回は、「Ansible実行環境でserverspecを実行するための設定~serverspecインストール」について