Edited at

Vagrant コマンドラインインターフェース CONNECT

More than 3 years have passed since last update.


CONNECT


command: vagrant connect ${NAME}

connectコマンドはshareコマンドと同時に使うことにより共有環境(Vagrant Share)へのアクセスを可能とする。


オプション


--disable-static-ip

アクセス可能な静的IPをVMで作成不可とする。このオプションがある場合、接続するにはSOCKS proxyアドレスが必要。

--static-ip ${IP}

VMで使用する静的${IP}を指定する。デフォルトでVagrantは「172.16.0.0/16」スペースで利用可能なIPアドレスを使用する。

--ssh

「vagrant share --ssh」で共有された環境へSSH接続する。