Posted at

Ansible実行環境でserverspecを実行するための設定~serverspecインストール

More than 3 years have passed since last update.

Ansible実行環境でserverspecを実行するためRuby実行環境を構築するに引き続きAnsible実行端末の設定。

今回はserverspecの設定について記述します。


前提条件

Ruby実行環境が構築されていること。

前回の記事を参照)


serverspecインストール手順


01.serverspecプロジェクトフォルダの作成

mkdir -p /root/casestudyspec

cd /root/casestudyspec


02.serverspecをインストール

gem install serverspec


03.インストールの確認

cd /root/.rbenv/versions/2.1.7/lib/ruby/gems/2.1.0/gems

ls -la .

以下が作成されていればOK

serverspec-2.24.2


04.serverspecを初期化

cd /root/casestudyspec

serverspec-init

下記画面の流れで対話式で設定を行っていく。

image

Select OS type:

1) UN*X
2) Windows

Select number: 1

Select a backend type:

1) SSH
2) Exec (local)

Select number: 1

Vagrant instance y/n: n
Input target host name: apserv01
+ spec/
+ spec/apserv01/
+ spec/apserv01/sample_spec.rb
+ spec/spec_helper.rb
+ Rakefile
+ .rspec
[root@ansinble-admin casestudyspec]#


05.実行するサーバ単位のディレクトリを作成

以下の通りディレクトリを作成し、そこにXXX_spec.rbを配置。

serverspecにてAnsibleで実行した設定をテストする

mkdir /root/casestudyspec/dev_adminserv01

mkdir /root/casestudyspec/dev_apserv01
mkdir /root/casestudyspec/dev_dbserv01


06.rakeファイルを修正

デフォルトではserverspecでテストが失敗した場合は次のサーバのチェックしなくなる。

エラーが発生しても次のspecにいくようにrakeファイルを修正する。