Help us understand the problem. What is going on with this article?

プログラマ脳を鍛える数学パズルをひたすらPythonで:Q3「カードを裏返せ」

More than 1 year has passed since last update.

Q3:カードを裏返せ

全問Pythonで解いてみようと思ってますのでどうぞよろしくお願いします。

※Q2はあまり面白くないのと学んだこともそんなにないので飛ばします。

問題

1~100までの番号が書かれた100枚のカードが順番に並べられています。
最初、すべてのカードは裏返しの状態で置かれています。
ある人が2番のカードから、1つおきにカードを裏返していきます。
すると、2, 4, 6, … , 100番のカードが表を向いています。
次に、別の人が、3番のカードから2つおきにカードを裏返していきます。
(裏向きのカードは表を向き、表向いているカードは裏返しされます。)
また、別の人が、4番のカードから3つおきに、カードを裏返してきます。
このようにn番目のカードからn-1つおきにカードを裏返す操作を、
どのカードの向きも変わらなくなるまで続けたとします。
裏向きになっているカードの番号をすべて求めてください。

Code

まずはrubyでの模範回答

N = 100
cards = Array.new(N, false)

(2..N).each{|i|
    j = i - 1
    while (j < cards.size) do
        cards[j] = !cards[j]
        j += i
    end
}

N.times{|i|
    puts i + 1 if !cards[i]
}

Pythonで書くなら...

N = [True]*100
for i in range(1, 101):
    j = i - 1
    while j < 100:
        N[j] = not N[j]
        j += i

print([k + 1 for k in range(100) if N[k] == False])
#1, 4, 9, 16, 25, 36, 49, 64, 81, 100

まぁそこまで長くなく無難なCodeになったのではないでしょうか??

今回の学習ポイント

rubyでの以下のCodeをPythonで書くにはどうしたらいいか。

cards[j] = !cards[j]
puts i + 1 if !cards[i]
N[j] = not N[j]
print([k + 1 for k in range(100) if N[k] == False]) #list内包表記
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away