CentOS
ベンチマーク
unixbench
centos7

CentOS7でUnixBenchする方法(16コア以上対応)

More than 1 year has passed since last update.


UnixBench

https://github.com/kdlucas/byte-unixbench

昔から使われているLinux系の定番ベンチマークツール。

VPSやクラウドのスペック比較には欠かせない。


環境

CentOS 7.3.1611


インストール

必要パッケージのインストール。

開発ツールがインストール済みの場合は不要

# yum install make gcc perl perl-Time-HiRes

UnixBenchのインストール。

Google Code Archiveからダウンロードできる。最終版はUnixBench5.1.3.tgz

# wget https://storage.googleapis.com/google-code-archive-downloads/v2/code.google.com/byte-unixbench# /UnixBench5.1.3.tgz

# tar xfz UnixBench5.1.3.tgz
# cd UnixBench/

パッチの適用

そのままだと16コア以上は測定できないのでパッチが必要となる

# wget http://storage.googleapis.com/google-code-attachments/byte-unixbench/issue-4/comment-1/fix-limitation.patch

# patch Run fix-limitation.patch


実行

これだけ

30分~1時間程度掛かる。

# ./Run


結果の見方

System Benchmarks Index Scoreの値がベンチマーク結果。大きいほどよい。

SPARCstation 20-61というマシンを10.0とした場合の相対値らしい。

各項目はこのあたりを参照

UnixBenchでベンチマーク - IDCF テックブログ