2
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

外部PCからVirtualBoxのゲストOSにRDP接続したい

やりたいこと

社内で検証用PC上にVirtualBoxでWindowsSever仮想マシン建てて、社内の別PCから自由にリモート接続したい!

環境と設定イメージ

見にくくてごめんなさい…
1637480294659220449689014539867.jpg

実現方法

ブリッジ設定で仮想マシン建てると社内ネットワークにポっと怪しいPCが出現したみたいに見えるらしい
勝手にやったらネットワーク管理者見つかって怒られそう

じゃあ、NAT+ホストオンリーのポートフォワーディング設定が良さそうかな!

設定の構想

外部PCからRDP接続(宛先/ホストIP:3389)
▶▷▶︎▷ホストOSがゲストOSのIPにフォワーディング▷▶︎▷▶︎
ゲストOS接続

としたい

ただ、この方法だとホストOSがスルーされるので外部からホストOSにRDPしたくても、できない気がする

なので

ポートを変えて、下記3つのケース毎に設定を分けてみた。

接続ケース

宛先のIPは、ホストOSのWiFiアダプタのIPです。ipv6を無効にしたらホスト名(ホストOSのPC名)でも名前解決できました。

①外部PCからRDP(宛先/ホストIP:3389)▶ホストOS
②外部PCからRDP(宛先/ホストIP:重複しなさそうなポート)▶ホストOS経由▶ゲストOS
③ホストOSからRDP(宛先/ホストIP:3389)▶︎ゲストOS

※②のポートは以降53389で設定する。
※③はホストオンリーアダプタで通信できるので、NATの設定不要だが、今後のためにゲストOS側で既存のRDPポート3389で受診出来る設定は残しておく。

手順

1. VirtualBox>NAT設定>ポートフォワーディング設定

先程の接続ケース②用のルール追加

②外部▶ゲストOS用RDP接続

名前:Gaibu-guest_RDP_53389
TCP
ホストポート:53389
ゲストポート:53389

VirtualBox ゲストOSのWebサーバに外部から接続する
https://undersourcecode.hatenablog.com/entry/2013/08/11/212246

2. ゲストOSでRDPのレジストリコピー&ポートを3389以外のポートに変更

1つ目参考ではスクリプトを利用してますが、私は2つ目参考のレジストリエディタから手動で設定しました。

1.regedit起動

2.HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcpのキーを右クリックエクスポート

3.エクスポートしたファイルをテキストエディタで名前とポート番号を編集、保存

  • 編集は、下記ワードを置換する
    • RDP-Tcp→RDP-Tcp-53389
    • 3389→53389
  • 保存時は拡張子が.regになっていることを確認。

4.regeditでファイル>インポートで編集したファイルを指定

5.新しいレジストリが追加されていることを確認

WindowsサーバでRDPを複数ポートで受け付ける
https://qiita.com/malbare932/items/dd8c743306d8747384b0
【Windows 10】レジストリをバックアップ・復元する
https://soma-engineering.com/desktop/windows10/backup-restore-registry/2018/10/28/#st-toc-h-2

3. ゲストOSのファイアウォールで受信ルール作成

接続ケース②③用のルール追加

②外部▶ゲストOS用RDP

ポート53389許可
ネットワーク:ドメインのみ
※今回社内NW内のみのため

③ホストOS▶ゲストOS用RDP

ポート3389許可
ネットワーク:ドメインのみ
※既定で存在する設定なのでネットワーク設定をドメインのみに変えておく

【リモートワーク自由自在】Windowsリモートデスクトップ接続のポート番号を変更してよりセキュアにする
https://atmarkit.itmedia.co.jp/ait/articles/0309/27/news003.html

4.最後にゲストOS再起動

動作確認

接続ケースの①②が実装されているか動作確認
※③はホストオンリーアダプターにより既に接続出来ているので今回は確認無し。

①別PCからゲストOSにRDP接続

1.RDP起動

2.宛先:「ホストOSのIP:53389」or「ホストOSのPC名:53389」
ユーザー情報:ゲストOSのユーザー
3.入った先がゲストOSか確認

②別PCからホストOSにRDP接続
  1. RDP起動
  2. 宛先「ホストOSのIP」or「ホストOSのPC名」 ユーザー情報:ホストOSのユーザー
  3. 入った先がホストOSか確認

今度はサービスのポートもフォワーディングさせて、ゲストOS上のサーバーと社内の他のサーバーを連携出来る用にしてみたい。

ここまで見てくれてありがとうございました!

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
2
Help us understand the problem. What are the problem?