Android
Linux
archLinux
Termux

TermuxでArchlinuxを使う

前回: https://qiita.com/Bluepost59/items/657ef9c198bd43cf59dd

Termuxの問題点

  • GCCが使えない
  • Emacsが重い

特にGCCが使えないのは困ったもので、fortranに至っては使えるコンパイラがないという状況だった。

ところが、TermuxにArchLinuxをインストールするパッケージが用意されている。そこでならpacmanが使えるので、GCCなどが使える。

インストール

次のURLからgit cloneする。
https://github.com/sdrausty/TermuxArch

setupTermuxArch.sh が本体でこれを実行すればARM向けのArchLinuxがインストールできる。curlではなんかうまくいかなかったので、引数を指定してwgetを使った。
setupTermuxArch.sh wget

ミラーに当たりはずれがあり、20分程度で終わることもあれば1時間以上かかる場合もある。速度が遅い場合は~/Arch を削除してからやり直す。

時間はトータルで少なくとも30分以上はかかる。途中で何度かインタラクティブに入力を求められる。

localeの設定

エディタが開くので、ja_JP.UTF-8のコメントアウトを外す。

タイムゾーンの設定

日本の場合、Asia -> Japan -> Tokyo -> Yesと選択する。ただし入力は番号で行う。

1回タイムゾーンの設定で固まった。

2回目以降の起動

ディレクトリ構成

Termuxのhome以下に次のようなディレクトリが構成される。

home/
└ arch/
  ├ bin/
  ├ home/
  ├ dev/
  ├ startarch
...

Archに移った後はTermuxのコマンドは使えない。そのためpythonなどは別途インストールする必要がある。ただし、ArchLinuxなのでpacmanが使える。そのままではエディタもないので、emacsなどを入れる必要がある。

なおEmacsはTermuxネイティブでは起動が重いが、Archでは数秒以内に立ち上がった。

確認したこと

  • systemctlを使えない。ゆえに各種デーモンが立ち上がらない。