Edited at

Ubuntu 18.04 LTSにGLUTをインストール


はじめに

少し時代遅れ感はしますが、最近のUbuntuにGLUT(OpenGL Utility Toolkit)をインストールする必要がある場合のためにメモしておきます。


環境


  • Ubuntu Budgie 18.04.1 LTS 64-bit

  • VMWare Workstation 15 Player for Windows 上で実行

以下の記事で環境構築時の手順を公開しています。

Ubuntu Budgie 18.04をVMWareにインストール&直後の設定


インストール

まず、いつものようにaptの更新を行います。

$ sudo apt update

$ sudo apt upgrade

次に、Freeglut3とその開発パッケージに加えて、オープンソースのOpenGL実装であるMesa 3Dの開発パッケージをインストールします。

$ sudo apt-get install libglu1-mesa-dev mesa-common-dev freeglut3-dev

"freeglut3"や"libgl1-mesa-dev"も必要ですが、これらは依存関係で一緒にインストールされるので問題ありません。


コーディング

コーディングする際には、以下のようにGL/glut.hをincludeします。

サンプルとして示す以下のソースコードは、白背景に赤い四角を描画します。


test.cpp

#include <GL/glut.h>


void show(void);

int main(int argc, char** argv)
{
glutInit(&argc, argv);

glutInitDisplayMode(GLUT_SINGLE);
glutInitWindowSize(400, 300);
glutInitWindowPosition(200, 200);

glutCreateWindow("GLUT test");
glutInitDisplayMode(GLUT_RGBA);
glClearColor(1.0, 1.0, 1.0, 1.0);

glutDisplayFunc(show);
glutMainLoop();

return 0;
}

void show(void)
{
glClear(GL_COLOR_BUFFER_BIT);
glColor3d(1.0, 0.0, 0.0);
glBegin(GL_LINE_LOOP);

glVertex2d(-0.5,-0.5);
glVertex2d(-0.5, 0.5);
glVertex2d( 0.5, 0.5);
glVertex2d( 0.5,-0.5);

glEnd();
glFlush();
}



コンパイル

コンパイルする際には、以下のようにオプションを指定します。

$ g++ -Wall -Weffc++ -o glut_test test.cpp -lglut -lGLU -lGL

このようにして、最近のUbuntu上でGLUTを使用することができます。