Posted at

プロジェクトごとに CocoaPods のバージョンを合わせる

More than 1 year has passed since last update.

プロジェクトごとに CocoaPods のバージョンを管理するための備忘録。

Bundler を使用して、各プロジェクトごとに CocoaPods をインストールする方法です。


こんなときに便利


  • 複数人での開発で、バージョンを揃えたい

  • プロジェクトで使用しているライブラリが、CocoaPods の特定のバージョンである必要がある
    (このライブラリはCocoaPodsの0.35.0でしかうまく動かないとか・・・あったんですよ。)


環境というか前提

Ruby が必要です。

が、CocoaPods 使ってるということは Mac の環境だと思われるので、標準で入っているから問題ないでしょう。

Ruby のバージョンも揃えたいとか変えたいとかいう場合は、rbenv などを入れると幸せになれるかもしれません。


Bundler のインストール

インストール済みの場合は無視して次へ

$ sudo gem install bundler


Bundler の初期化

$ cd プロジェクトファイル(.xcodeproj)のディレクトリ

$ bundle init

これで上記の場所に Gemfile が出来上がる。

すっとばして、別プロジェクトから Gemfile を持ってきてもいい。


Gem の編集

Gemfile を開いて、以下のように編集(不要なものを消して CocoaPods を追記)。

ここでは CocoaPods の 1.1.1 をインストールする想定。

source "https://rubygems.org"

gem 'cocoapods', '1.1.1'


CocoaPods のインストール

Gemfile のあるディレクトリで以下のコマンド実行。

$ bundle install --path vendor/bundle

「--path 〜〜〜」の指定がないと、プロジェクトと関係ない場所にインストールされてしまうので注意!!

これで CocoaPods のインストールが完了。

あとは普通に CocoaPods を使用する。

・・・のだが、一つ注意。

Bundler を使って CocoaPods をインストールしているので、CocoaPods のコマンドを使用するときは、以下のように「bundle exec」と打ってから、コマンドを書く必要がある。

$ bundle exec pod update

一人で開発していても、何かのときのために環境を作っておくと便利かなと思います。

共有せずに他の人に引き継いじゃうと、その人が悲しい目にあうかもしれませんが・・・。