Posted at

MacBook Pro (13-inch, 2018) を macOS High Sierra から Mojave にアップデートする際に困ったことと解決策


MacBook Pro 購入しました:grinning:

今までは、MacBook 13-inch, late 2009, macOS High Sierra を使用していました。

intel Core 2 Duo の非力なマシンでしたが、メモリを8GBに、ストレージを512GB SSDに換装して iPhone アプリを開発していました。

快適に作動はしていましたが、MacBook, late 2009 には Mojave をインストールできません。そろそろ替え時かなと思い、MacBook Pro (13-inch, 2018, Touch Bar モデル)を購入しました。

TimeMachine で MacBook, late 2009 の環境をそのまま新しいマシンに移行しました。

retina display の鮮明さと処理速度の速さ、本体自体の薄さ・軽さ(旧マシンの約半分)に驚嘆しています:smiley:


Mojave のダウンロードは無事終了。

その後、App Store から Mojave をダウンロードしました。

結構時間がかかりましたが、無事にダウンロードが完了しました。


"macOSをインストールするにはインターネットに接続する必要があります"というメッセージが現れて、ふりだしに戻る。

ダウンロード完了後にインストールしようとした所、インストール残り30秒くらいで、"macOSをインストールするにはインターネットに接続する必要があります"というメッセージが表示されました。インターネットに接続しているのにおかしいな?と思いながらOKボタンを押すと、インストール開始の画面に戻ってしまいました。インストールを何回も試みましたが、何回やっても同じメッセージが出てふりだしに戻ってしまいました。


T2チップの問題か。

ネットで検索してみると、Touch Bar の T2チップを搭載したモデルで High Sierra から Mojave へのアップデートがうまくいかない例があるようでした。WiFi の認証がうまくいかないことがあるそうです。


iPhone テザリング接続で解決。

本体の WiFi をオフにして、iPhone のテザリングでネットに接続(iPhone 側も WiFi を使用せず4G回線にしておく)してからインストールを試みました。その結果、前述のメッセージが出なくなり無事に Mojave にアップデートすることが出来ました。

以上、解決策の一つとして皆様のご参考になれば幸いです。

※ Mojave をダウンロードする時は、普通に WiFi 接続で大丈夫です。ダウンロード完了後、インストールする場面でテザリング接続に切り替えました。