Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Rails】Railsチュートリアルが長すぎてやる気が起きない人向け指南書

More than 3 years have passed since last update.

Webサービスを開発したい!
低コストで開発したい!
プログラミング言語を習得したい!


などなどRailsを始める方はそこそこ多いと思います


「チュートリアルをみて勉強するぞい!」




Rails定番中の定番である「Rails チュートリアル

スクリーンショット 2016-10-27 19.14.21.png

とてもボリューミーでこれさえマスターすればRails使いになれることは確実であろう。

だがしかし、問題点が一つ....

スクリーンショット 2016-10-27 19.15.54.png
スクリーンショット 2016-10-27 19.16.06.png
スクリーンショット 2016-10-27 19.16.21.png
スクリーンショット 2016-10-27 19.16.32.png
スクリーンショット 2016-10-27 19.16.44.png
スクリーンショット 2016-10-27 19.16.54.png
スクリーンショット 2016-10-27 19.17.06.png



まてまて、
入門長くね?
難しそうじゃね?
私に一人で全部とか無理じゃね?





そう、やる前からやる気が起きないチュートリアル長すぎ問題。

自分自身、Railsを勉強する際に知り合いのエンジニアにこれを勧められたが

長い、長すぎる。到底できるとは思えない(そもそもコーディングが嫌い←)

このチュートリアルを始める前に諦めた方や、第1章でGame Overになってしまった人は多いだろう

どうやったらツユダク特盛を頭の大盛り程度にできるか悩んだところ...

そうだ

別のチュートリアルをやって、それからコイツをドキュメント代わりにしよう

そこで登場「小学生でもわかるRuby on Rails入門

スクリーンショット 2016-10-27 19.27.47.png

これの作りかすごい。
1日で終わる程度の内容なのに解説、インプットできる内容のクオリティが高すぎる。
おつむが弱い私ですらわかる素晴らしい。
※小学生にRails開発を教えるときに使った教材だそうです
これである程度Railsの動きを把握することができた。

そして、このチュートリアルの次のステップとして利用するのが
先ほど紹介した「Rails チュートリアル
これには小学生チュートリアルの次のステップに必要なことがわんさか書かれており、全ての章を読まず、必要な章のみを読んで実装するスタイルが良いとてもいい!!!

結論

小学生でもわかるRuby on Rails入門」でスタートアップして、
自分で開発するWebサービスの実装でわからないところは「Rails チュートリアル」で補完する
スタイルが一番学習しやすいと感じました。
このスタイルのおかげでHello World専用機である私がWebサービスの開発へと日々邁進してます。
チュートリアル長すぎという方にオススメあれ

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした