Help us understand the problem. What is going on with this article?

IBM Cloud の 仮想サーバーに 追加ストレージ(ポータルブル・ストレージ)をマウントする

IBM Cloud で 仮想サーバー(VSI)を注文した際、オプションで選んだ追加ストレージ(ポータブル・ストレージ)をマウントする必要があったので、方法をまとめました。

0.前提事項

  • Redhat EL 7.0-64 を前提に記載しています。
  • SSHはMacのデフォルトのターミナルを使用しています。

1. IBM Cloud の 仮想サーバー(VSI)にSSHで接続する

1-1. SSHで接続しますのでIPアドレスとrootのパスワードを確認します。

IBM Cloud ダッシュボードページで「デバイス」をクリックします。
1.ダッシュボード.png

該当のデバイスをクリックします。
2.ダッシュボード.png

パブリックのIPアドレスを確認します。
3.ダッシュボード.png

パスワードは以下のページで確認ができます。
左側のメニューから①「パスワード」をクリックします。②をクリックしてパスワードを表示します。
4.ダッシュボード.png

1-2. SSHで接続します。

Macのターミナルを開き、以下のコマンドで接続します。(xxx.xxx.xxx.xxxはIPアドレスに置き換えてください)

ssh root@xxx.xxx.xxx.xxx -p22

初めて接続する場合は、以下が表示されます。yesとタイプしてください。

The authenticity of host 'xxx.xxx.xxx.xxx (xxx.xxx.xxx.xxx)' can't be established.
ECDSA key fingerprint is SHA256:Ar9GQ5lB0f4xY//PTlc1BBbIi/WEVkE2/HSRy+Ie8Rk.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)?

rootのパスワードを入力してログインします。

root@xxx.xxx.xxx.xxx's password: 
Last login: Fri Jul 26 07:27:44 2019 from xxxxxxxxxxxxxxxx
[root@xxxxxx ~]# 

2. IBM Cloud の ポータブル・ストレージをマウントする

2-1.追加ストレージ(ポータブル・ストレージ)をマウントします。

ターミナル上で以下のコマンドを実行します。
lsblk

[root@xxxxxx ~]# lsblk
NAME    MAJ:MIN RM  SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
xvda    202:0    0  100G  0 disk 
├─xvda1 202:1    0    1G  0 part /boot
└─xvda2 202:2    0   99G  0 part /
xvdb    202:16   0    2G  0 disk 
└─xvdb1 202:17   0    2G  0 part [SWAP]
xvdc    202:32   0  200G  0 disk 
xvdh    202:112  0   64M  0 disk 
[root@xxxxxx ~]# 

xvdc    202:32   0  200G  0 disk  というのがポータブル・ストレージになります。

以下のコマンドを実行し、ファイル・システムを作成します。
mkfs.ext4 /dev/xvdc

[root@xxxxxx ~]# mkfs.ext4 /dev/xvdc
mke2fs 1.42.9 (28-Dec-2013)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
Stride=0 blocks, Stripe width=0 blocks
13107200 inodes, 52428800 blocks
2621440 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=2199912448
1600 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
8192 inodes per group
Superblock backups stored on blocks: 
    32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208, 
    4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872


Allocating group tables: done                            
Writing inode tables: done                            
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done 

以下のコマンドを実行し、/mntにマウントします。その後dfで確認します。
mount -t ext4 /dev/xvdc /mnt

[root@xxxxxx ~]# mount -t ext4 /dev/xvdc /mnt
[root@xxxxxx ~]# df
ファイルシス   1K-ブロック    使用    使用可 使用% マウント位置
/dev/xvda2       102048096 1268776  95588920    2% /
devtmpfs           1926360       0   1926360    0% /dev
tmpfs              1937388       0   1937388    0% /dev/shm
tmpfs              1937388   25156   1912232    2% /run
tmpfs              1937388       0   1937388    0% /sys/fs/cgroup
/dev/xvda1          999320  131852    815040   14% /boot
tmpfs               387480       0    387480    0% /run/user/0
/dev/xvdc        206292968   61464 195729360    1% /mnt

/dev/xvdc の マウント位置が/mnt と表示されれば成功です。

参考URL:SoftLayer_JPN Wiki

2-2.OSを再起動した後もmountを維持するためにfstabファイルに設定を記載します。

fstabファイルを編集で開きます。
vi /etc/fstab

 以下を追加して保存して抜けます。
/dev/xvdc /mnt ext4 defaults 0 0

#
# /etc/fstab
# Created by anaconda on Thu Apr 18 17:37:40 2019
#
# Accessible filesystems, by reference, are maintained under '/dev/disk'
# See man pages fstab(5), findfs(8), mount(8) and/or blkid(8) for more info
#
UUID=a3c2d55c-22e6-49b6-900e-8e607015a5cb /                       ext3    defaults,noatime        1 1
UUID=a7a4c607-599a-4516-a5c1-8a7b82cf1367 /boot                   ext3    defaults,noatime        1 2
LABEL=SWAP-xvdb1 swap swap    defaults        0 0
/dev/xvdc /mnt ext4 defaults 0 0
~                                     

(参考)それぞれのフィールドについて
6,マウント.png
左から
- 第1フィールドはマウントしたいファイルシステムを記載します。
- 第2フィールドはマウント位置を記載します。
- 第3フィールドはファイルシステムのタイプ(mkfs.ext4で作成したのでext4)を記載します。
- 第4フィールドはマウントのオプションです。デフォルトでマウントする場合はdefaultsを記載します。
- 第5フィールドはファイルシステムを dump コマンドがダンプする必要があるかを記載します。1が必要、0が不要、記述がない場合は不要となります。
- 第6フィールドはfsckがブート時にファイルシステムのチェックを実行する順番を記載します。ルートファイルシステムは1、それ以外のパーティションは2と記載します。 0の場合は、fsckによるチェックが不要の場合です。 

参考URL:kazmax - Linuxで自宅サーバー

2-2.OS再起動してマウントが解除されないか確認します。

以下のコマンドを実行して再起動します。

[root@xxxxxx ~]# reboot
Connection to xxx.xxx.xxx.xxx closed by remote host.
Connection to xxx.xxx.xxx.xxx closed.

少し待ってから再度SSHで接続し、dfコマンドでマウント状態を確認します。

[root@xxxxxx ~]# df
ファイルシス   1K-ブロック    使用    使用可 使用% マウント位置
/dev/xvda2       102048096 1268188  95589508    2% /
devtmpfs           1926360       0   1926360    0% /dev
tmpfs              1937388       0   1937388    0% /dev/shm
tmpfs              1937388    8744   1928644    1% /run
tmpfs              1937388       0   1937388    0% /sys/fs/cgroup
/dev/xvdc        206292968   61464 195729360    1% /mnt
/dev/xvda1          999320  131852    815040   14% /boot
tmpfs               387480       0    387480    0% /run/user/0
[root@xxxxxx ~]# 

以上、追加ストレージ(ポータルブ・ストレージ)をマウントする方法についてでした。
:smiley_cat: :smiley_cat:

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした