Edited at

Windows Server 2016 TP3 での Docker (2) Azure上での環境構築

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

Windows Server 2016 TP3 で Docker が使える環境を構築してみます。基本的には TP3 上でコンテナの機能を有効にするのですが、現時点(2015/8/25)では3つの方法が公開されています。

設定済みの環境を利用する場合


  • Microsoft Azure で、設定済みの Windows Server 2016 TP3 仮想マシンを作成する

自分で環境を構築する場合


  • Hyper-V上の VM として構築

    Hyper-V ホスト上で MS が提供しているスクリプトを実行することにより、Docker ホストとして設定されたVMを作成できる。

  • 物理・仮想マシン上で、コンテナを有効化する

    Windows Server 2016 TP3 をインストールして、その上で MS が提供しているスクリプトを実行して、Docker ホストとして設定する。

今回は一番簡単な Microsoft Azure を活用する方法を試しました。


手順

Azure 上で VM を作るのですが、「Windows Server Container Preview Windows Server 2016 Technical Preview 3 Core Installation」というVMイメージが用意されているのでそれを選択します。

Azure01.png

他に特別な設定は不要で、あとは通常通り VM を作成していきます。

Azure02.png

VM の作成後、RDP に乗り込んでみるとこのような画面になってます。ServerCore としてインストールされているようで、コマンドプロンプトしか表示されていません。

Azure03.png

docker version を実行してみます。まだ正式リリースされてない 1.9 が動作しています。

Azure04.png

docker info を実行してみます。Docker Engine としては、特に Storage Driver と Execution Driver が Windows 固有の部分になりそうです。


  • Storage Driver はイメージのファイルシステムを扱うモジュールで、Linux では devicemapper や aufs などになります。

  • Execution Driver はコンテナを作成・管理するモジュールで、Linux だと native-0.2 などとなります。
    Azure05.png

docker images でイメージを表示させてみます。デフォルトで、ローカルに Windows のイメージがあります。

Azure06.png

最後にタスクマネージャで Docker Engine(Docker デーモン)を確認しておきます。"docker daemon" で起動されており、たしかにデーモンとして動作しています。

Azure07.png

では、次回は実際に Windows 上でコンテナの起動や作成をしてみます。


参考サイト

https://msdn.microsoft.com/virtualization/windowscontainers/quick_start/azure_setup