Vim

ctrlp.vimを使う

More than 5 years have passed since last update.


project.vimの代わりに使えるプラギン

vimでのファイルアクセスには、unite.vimとproject.vimを併用していましたが、最近ctrlp.vimを使うようにしています。project.vimも大変素晴らしいpluginなのですが、ctrlp.vimもまた素晴らしいプラグインです。

どのように素晴らしいかと言うと、ファイルの絞り込みを簡易に出来るという点です。

unite.vimのfileをさらに簡易にした感じです。

言葉ではその良さをなかなか伝えられません。


インストール

NeoBundle 'kien/ctrlp.vim'

みんな大好きNeoBundleで一発です。


使い方

で起動します。後は適当にキーを動かして使いましょう。ファイル名の絞り込みの仕組みが結構賢くて途中を省略してもマッチングしてくれます。


設定

let g:ctrlp_use_migemo = 1

let g:ctrlp_clear_cache_on_exit = 0 " 終了時キャッシュをクリアしない
let g:ctrlp_mruf_max = 500 " MRUの最大記録数
let g:ctrlp_open_new_file = 1 " 新規ファイル作成時にタブで開く

設定はどっかのサイトからまるごとパクって来ました。


キーバインド例

キーバインド
機能

Ctrl+f
モードを前に切り替える

Ctrl+b
モードを後ろに切り替える

Ctrl+j
選択を下へ移動する

Ctrl+k
選択を上へ移動する

Enter
同じバッファに開く

Ctrl+t
新しいタブに開く

Ctrl+v
'vertical'

Ctrl+x
'horizontal'

Ctrl+s
'horizontal'

Ctrl+Enter
'horizontal'

Ctrl+p
前の履歴を表示する

Ctrl+n
次の履歴を表示する

F5
キャッシュを更新する

Ctrl+z
対象ファイルを選択する


最後に

この記事読むより、:help ctrlpしましょう。

mattnjpさんの記事も参考になります。