Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@ArataKinjo

asp.net coreでサービス作ったから宣伝兼ねて技術公開する -2. アーキテクト解説-

More than 1 year has passed since last update.

構想アーキテクト

「当初の構想1」
Untitled Diagram.png

最初はOpenCVを使って、いい感じに1冊の本を認識させることが出来るんじゃないかという予想からC++で試してみましたが、
現時点でOpenCVだけで1冊の本を判定させるのは無理ですね。
特に黒い本。これが複数あった場合に、直線検出の精度がかなり落ちてしまいました。
残念ながら、現時点では、人間の手で判定させるしかないかなと。。。

ということで、こんな感じになりました。

実装アーキテクト

TanaToru_qiita_2-2.png

これらを実装するにあたり、様々な環境設定が必要だったので、随時記載しておきます。


【是非お試しください】※完全無料です
TanaToru -本棚管理サービス-
 https://app.zero-one-system.co.jp/TanaToru/

1
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ArataKinjo
「いいのがないなら、作ってしまえ!」をスローガンに生きております。 効率化が大好きなSEです。 フォローよろしくお願いします。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?