Posted at

.NET Core版WPFでもEdgeのWebViewが使いたい!


EdgeベースWebViewとは

Microsoft.Toolkit.Wpf.UI.Controls.WebViewのこと。


IEベースではなく、Windows10で追加されたEdgeレンダリングのWebViewを、アプリに追加できる。


落とし穴

Edge版WebViewの現在の正式リリース版は .NET Frameworkのみ対応のバージョン5です。


.NET Core版WPF対応のver 6は現在previewなので、VisualStudioからいつものように入れることができません。(バージョン5が入る。)


どうすればいいのか

とっても簡単。パッケージマネージャーからコマンド叩いて入れます。


手順


  1. VisualStudioでツール -> NuGetパッケージマネージャ -> パッケージマネージャコンソール を起動。


  2. 以下のコマンドを入力(執筆時点2019/05/21での最新版です)

    Install-Package Microsoft.Toolkit.Wpf.UI.Controls.WebView -Version 6.0.0-preview5


  3. Enterをたたく。

とっても簡単。


余談

Chromium Edge版が開発されてるっぽい!


現在はWin32 C++のみ対応のようです。