Markdown
テキストエディタ
typora

どうしてみんなMarkdown書くときTypora使わないの?

ここでは、最強のMarkdownエディタTyporaについて紹介する。
機能に関しては随時更新予定。

ざっくり概要

Typoraを使ってMarkdown書いているときの様子は以下のような感じになる。
image.png

後述するが、記述したその場でスタイリングしていく仕組みなので、「プレビュー表示」という概念がない。
そのため、目線を行ったり来たりさせる必要がない。

例えば、


image.png


上記のように#記号に続いて文字入力を行い、Enterキーで改行すると....


image.png


このように、自動的にその場でMarkdownの見出し表示になってくれる。

Typoraのいいところ

  • 記述したその場でスタイリングしていく仕組み そのため、2つの画面を目で行ったり来たりする必要がない
  • 操作が極めて直感的
  • 高機能であるにも関わらず、インターフェースがとてもシンプル
  • 数式・画像の挿入、表の作成など、通常のエディタだと苦戦するような操作も非常に簡単にできる。
  • もちろん目次の挿入も可能
  • Windows, Mac, Linuxの全てのOSで導入可能
  • html, pdfだけでなく、word, LaTexなど、あらゆるフォーマットでエクスポート可能

また、エクセルシートの表をクリップボードにコピーしてtypora上でペーストを行うと、自動的にtable形式でいい感じに記入されます。

image.png
これをコピーしてtypora上で貼り付けると...
image.png
この通り。
この状態でCtrl + /でオリジナルテキストを見ると、
image.png
上記の通り、いい感じに整形されているのがわかる。

インストール方法

https://typora.io/
から、
右上の「Download」のボタンを押すと、ダウンロードのためのボタンが表示される。
image.png

あとはこれをクリックして流れに沿って作業を進めればTyporaがインストールされる。

ショートカット

Macの場合、Ctrlは⌘になります。

ショートカット 処理
Ctrl + shift + T 新しいタブを開く
Ctrl + T 表を挿入
Ctrl + shift + O ファイル名で検索
Ctrl + shift + E フォルダ内のファイルを左側に表示
Ctrl + W 現在のタブを閉じる
Ctrl + U を挿入
Ctrl + I **を挿入
Ctrl + O 開くファイルを選択する
Ctrl + B ****を挿入
Ctrl + N 新しいウィドウを開く
Ctrl + / スタイリング前のテキストを表示
Ctrl + [+/-] 見出しレベルを変更
Ctrl + alt + I 画像を挿入
Ctrl + alt + Q 引用符を挿入
Ctrl + alt + F 置換
Ctrl + alt + L リンクを挿入
Ctrl + alt + C コードハイライトを挿入
[toc] 目次を挿入
$$ 数式を挿入

アウトラインの表示方法

アウトラインとは、画面の左側に固定で表示される目次のことである。

image.png

「表示」から、「アウトライン」を選択してやればよい。

その他の機能について

Typoraの機能はこれだけではない。

公式ドキュメントは

http://support.typora.io/Markdown-Reference/

だから、こちらも参考にしよう。