Help us understand the problem. What is going on with this article?

どうしてみんなMarkdown書くときTypora使わないの?

More than 1 year has passed since last update.

ここでは、最強のMarkdownエディタTyporaについて紹介する。
機能に関しては随時更新予定。

ざっくり概要

Typoraを使ってMarkdown書いているときの様子は以下のような感じになる。
image.png

後述するが、記述したその場でスタイリングしていく仕組みなので、「プレビュー表示」という概念がない。
そのため、目線を行ったり来たりさせる必要がない。

例えば、


image.png


上記のように#記号に続いて文字入力を行い、Enterキーで改行すると....


image.png


このように、自動的にその場でMarkdownの見出し表示になってくれる。

Typoraのいいところ

  • 記述したその場でスタイリングしていく仕組み そのため、2つの画面を目で行ったり来たりする必要がない
  • 操作が極めて直感的
  • 高機能であるにも関わらず、インターフェースがとてもシンプル
  • 数式・画像の挿入、表の作成など、通常のエディタだと苦戦するような操作も非常に簡単にできる。
  • もちろん目次の挿入も可能
  • Windows, Mac, Linuxの全てのOSで導入可能
  • html, pdfだけでなく、word, LaTexなど、あらゆるフォーマットでエクスポート可能

また、エクセルシートの表をクリップボードにコピーしてtypora上でペーストを行うと、自動的にtable形式でいい感じに記入されます。

image.png
これをコピーしてtypora上で貼り付けると...
image.png
この通り。
この状態でCtrl + /でオリジナルテキストを見ると、
image.png
上記の通り、いい感じに整形されているのがわかる。

インストール方法

https://typora.io/
から、
右上の「Download」のボタンを押すと、ダウンロードのためのボタンが表示される。
image.png

あとはこれをクリックして流れに沿って作業を進めればTyporaがインストールされる。

ショートカット

Macの場合、Ctrlは⌘になります。

ショートカット 処理
Ctrl + shift + T 新しいタブを開く
Ctrl + T 表を挿入
Ctrl + shift + O ファイル名で検索
Ctrl + shift + E フォルダ内のファイルを左側に表示
Ctrl + W 現在のタブを閉じる
Ctrl + U を挿入
Ctrl + I **を挿入
Ctrl + O 開くファイルを選択する
Ctrl + B ****を挿入
Ctrl + N 新しいウィドウを開く
Ctrl + / スタイリング前のテキストを表示
Ctrl + [+/-] 見出しレベルを変更
Ctrl + alt + I 画像を挿入
Ctrl + alt + Q 引用符を挿入
Ctrl + alt + F 置換
Ctrl + alt + L リンクを挿入
Ctrl + alt + C コードハイライトを挿入
[toc] 目次を挿入
$$ 数式を挿入

アウトラインの表示方法

アウトラインとは、画面の左側に固定で表示される目次のことである。

image.png

「表示」から、「アウトライン」を選択してやればよい。

その他の機能について

Typoraの機能はこれだけではない。

公式ドキュメントは

http://support.typora.io/Markdown-Reference/

だから、こちらも参考にしよう。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした