HTTPS
cloudflare
GoogleCloudStorage
GoogleCloudPlatform
GoogleDomains

GoogleCloudSorage+CloudflareでHTTPSなwebサイトを構築する

背景

GCPUG in Okinawa!#5-GCPは意思決定が加速するよで行ったLTの続きのようなものです.

ドメイン購入と静的ホスティングまで

ドメインを購入してHTTPな静的サイトを構築するまでの手順はこちらを御覧ください.

雰囲気で構築するオレオレ静的サイト

HTTPS化

HTTPS化にあたり,CloudFrareでの作業が必要となりますが
@noraworld さんのGitHubPagesでの記事が参考になります.
https://qiita.com/noraworld/items/89dd85a434a7b759e00c

GitHubPagesとの違い

GoogleCloudPlatformはトップレベルドメインに対応していないため
www などのサブドメインを利用しています.
GithubPages+CloudFlareではipv4を設定していましたが,今回は直接CNAMEに設定することが可能です.

その為,初期のドメイン設定の際に www.anatofuz.net などと申請すると
自動的に wwwc.storage.googleapis.com が設定されます.

Screen Shot 2018-04-22 at 12.48.37.jpg

また必要はないかと思うのですが,念のためにNSを追加しておきます

Screen Shot 2018-04-22 at 12.54.57.jpg

SSL以降の設定は @noraworld さんの記事の通りでOKですが,最後のCNAMEの設定に該当するものは特に記述しなくてokです.

Googleドメインでの設定

Googleドメインでは初期に追加したCNAMEなどを削除し
使用しているネームサーバーをカスタムネームサーバーとして,CLoudFlareから指定されたものを設定します.

Screen Shot 2018-04-22 at 12.52.24.jpg
Screen Shot 2018-04-22 at 12.52.32.jpg

CloudDNSの設定

ここが個人的にはハマりポイントでしが,CloudDNS側で www.anatofuz.net に対してCloudFlareの設定を記述する必要があります.
Screen Shot 2018-04-22 at 12.54.26.jpg

ここまで記述すれば後はDNS設定が反映されるのを待ちましょう!!お疲れ様でした!!