PHP
WordPress

WordPress デバッグモードについて

More than 1 year has passed since last update.

WordPress初心者ですが、今回はデバッグモードについて学んだので、記事にまとめます。

デバッグモードをONにすることで、コードのエラーや警告をブラウザ上で確認できるため、開発に役立ちます。


デバッグモードをONにする

まずwp-config.phpを開いてください。84行目に


wp-config.php

define('WP_DEBUG', false);

//もしくは
define('WP_DEBUG', true);

となっているはずです。

ここでtrueになっていれば、デバッグモードがONになっているということです。


エラー文をブラウザに表示せずログファイルに書き出す

もちろんエラー文をログに残しておくこともできます。


wp-config.php

define('WP_DEBUG', true); //デバッグモード有効

if (WP_DEBUG) { //デバッグモードの場合
define('WP_DEBUG_LOG', true); //debug.logファイルに記録
define('WP_DEBUG_DISPLAY', false); //エラーをブラウザに表示しない
@ini_set('display_errors', 0); //エラーをブラウザに表示しない
}

こうすることでwp-contentフォルダ内のdebug.logファイルにエラーの内容が保存されて残ります。


致命的なエラー(E_ERRORやE_PARSE)だけをブラウザに表示する

デバッグモードをONにするとWordPressの非推奨のタグに対しても反応してしまいエラーが表示されます。そこでの対応として以下のコードを記述します。


wp-config.php

define('WP_DEBUG', false); //デバッグモード無効

@ini_set('log_errors','On'); //エラーメッセージをログファイルに書き出す
@ini_set('display_errors','On'); //エラーをブラウザに表示
@ini_set('error_log','/logs/php_error.log'); //ログファイルのパス指定する

以上簡単なまとめでした。実際にサーバーにあげる際はデバッグモードをOFFにすることをお忘れなく。