Edited at

【2018年版】macにrbenvを入れてrubyを管理できるようにしちゃう


はじめに

端末を工場出荷状態に戻してからrubyの開発環境を作ってなかったので、いつもの通りイケてるやり方で構築しようと思います


環境


  • OS High Sierra ver 10.13.3

  • homebrew インスコ済み


Ruby開発環境に必要なもの


  • rbenv

  • ruby-build

  • rbenv-communal-gems(追記しました)


rbenvとは

rubyのversion管理を手伝ってくれるイケてるヤツ

【github】 rbenv 公式

コマンドの説明も丁寧に書いてくれてるのでREADMEくらいは読むようにしましょう


ruby-buildとは

ruby-buildは、UNIX系で異なるversionのrubyをコンパイルしインストールするための、【rbenv install】コマンドを提供するrbenvのプラグイン

【github】 ruby-build 公式


0.確認

実はmacOSは初期でruby入ってるんです(じゃなきゃhomebrew入れられないですねw)

なのですがversionが古いです

2017年の年末にはversion2.5.0がリリースしましたし、今は2.5.1が最新ですね

Ruby 公式サイト

## 作業前の私のPCのruby version


$ ruby -v
ruby 2.3.3p222 (2016-11-21 revision 56859) [universal.x86_64-darwin17]


1.rbenvのinstall


早速brewでインストール

$ brew install rbenv ruby-build


恒例の.bash_profileへの追記

1行目のif文はterminalを開いた時に$ rbenv initコマンドを自動で打ってくれる便利設定

2行目以下は単なるpathです

いつものごとく$ source .bash_profileを打つか、terminal再起動でおk

# rbenv PATH

if which rbenv > /dev/null; then eval "$(rbenv init -)"; fi
export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"


rbenvのinstall確認

## install確認

$ rbenv -v
rbenv 1.1.1


2.rbenvで最新versionをinstallしちゃう

## 環境のversion確認


$ rbenv versions
* system (set by /Users/[user_name]/.rbenv/version)

systemっていうのはdefaultでインストールされてるヤツですね(ver 2.3.3)


早速rbenvでインストール

## installできるrubyのversionを確認


$ rbenv install -l

Available versions:
1.8.5-p52
1.8.5-p113
(中略)
2.5.0-dev
2.5.0-preview1
2.5.0-rc1
2.5.0
2.5.1
2.6.0-dev
2.6.0-preview1

## version指定してinstall

$ rbenv install 2.5.1

ruby-build: use openssl from homebrew
Downloading ruby-2.5.1.tar.bz2...
-> https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.5/ruby-2.5.1.tar.bz2
Installing ruby-2.5.1...
Installed ruby-2.5.1 to /Users/[user_name]/.rbenv/versions/2.5.1


3.rbenvでversion管理しちゃう

## 使用するversionを変更


$ rbenv global 2.5.1

## 環境のversion確認

$ rbenv versions
system
* 2.5.1 (set by /Users/[user_name]/.rbenv/version)


4.DONE

お疲れ様でした、忘れずドヤ顔です:relaxed:


5.追記 rbenv-communal-gemsは入れておきましょう

今回rbenvの導入編でいいやって思ってたのですが、コメント頂いて開発に使わないことはないと思ったので追記します(scivolaさんありがとう!)


 rbenv-communal-gemsとは

rbenvでインストールされたrubyのgemsディレクトリを共有化することができるヤツです

これないとrubyのversion up対応の時にgemの入れ直しをしないといけなかったりして酷い目に合います

github rbenv-communal-gems公式


 早速brewでインストール

$ brew install rbenv-communal-gems