Edited at

CentOSにrbenvをインストール

More than 1 year has passed since last update.

rbenvはRubyのバージョン管理をするためのツール。他にも似たようなツールにはRVMがある。あまりRubyに詳しくない私が感じる限り、最近はrbenvが'はやり'のようだ。


最新安定版のRubyをインストールする

CentOS7のyumでRubyのバージョンを確認してみたところ、下記の様な感じ。

2.0.0.598-25.el7_1

最新の安定版は2.3なのでせっかくRubyなら最新版が良かろう、ということでrbenvをインストールする。


余談

PHPは現状5.xでもいいと思っているのだが、Rubyは最新版をインストールするのは何故か。仕事でないということと、数少ないrailsの案件を扱っていて、保守しなかった場合の辛さがPHPに比べて非常に大きく、Rubyではアップデートについていく事が重要に思えるからだ。


インストール


概略

githubのrbenvのサイトにある通りで問題なくインストールできた。

git cloneして、コンパイル後、PATHを通せば動作する。

ポイントはコンパイル後にruby-buildをgit cloneしておかないとinstallコマンドが動作しない。


rbenvをgit clone


commandline

git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv



コンパイル


commandline

cd ~/.rbenv && src/configure && make -C src



パスを通す


commandline

echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile


下記コマンドで.bash_profileを再読込するか、ログインし直すと上記で追記されたbash_profileが反映される。


commandline

source ~/.bashrc



ruby-buildをgit clone


commandline

git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build



動作確認


commandline

rbenv install -l



commandline

rbenv install [version]

rbenv global [version]

確認して見る。


commandline

rbenv global


インストールしたrubyのバージョンが表示される。


commandline

ruby -v


インストールしたrubyのバージョンが表示される。