Windows
Network
buffalo
dd-wrt

Abstract

Buffalo WZR-HP-AG300Hを入手したので,Firmwareをアップデートしようとしたら,Diagランプが2回点滅を繰り返す文鎮と化したので,TFTPを用いてDD-WRTを導入した.

Introduction

とあるつてで,Buffalo WZR-HP-AG300Hを入手した.
Firmwareのバージョンが1.73だったので,Webの管理画面から,1.75にアップデートを行った.
その後,20分経っても終わらずACを抜いたところ,Diagランプが2回点滅を繰り返す文鎮と化した.

DD-WRTとは

DD-Wrtは、ゲートウェイ、無線LANアクセスポイントなどの組み込みシステム用ファームウェアとして開発されているLinuxディストリビューションの一種である。OpenWRTを元にして作られている。組み込みシステムはパソコンとは違い、規格が統一されていないため、各製品毎に対応が図られている。各製品毎の対応状況は、公式サイトの"Router Database"で型番から検索して確認することが出来る。家庭用ルーターの非公式ファームウェアの中では最も有名である。

Wikipedia:DD-WRTより引用

インストール

DD-WRTをDownload

以下のURLからDownload
buffalo_to_ddwrt_webflash-MULTI.bin

TFTPを有効化

1.「Windowsの機能の有効化または無効化」より,「TFTP クライアント」のチェックボックスを入れる.

ネットワークの設定

1.Firewallを無効化する.
2.WZR-HP-AG300HのLANポートとWindowsを接続する.
3.接続しているWindowsのネットワークを以下の値に変更する.

IPアドレス
192.168.11.2
サブネットマスク
255.255.255.0
ゲートウェイ
192.168.11.1
に変更する.
4.管理者権限でコマンドプロンプトを開き,以下のコマンドを入力する.(ただし,02-aa-bb-cc-dd-20はそのまま入れること)
netsh interface ipv4 set neighbors "ルータを接続しているインターフェース名" 192.168.11.1 02-aa-bb-cc-dd-20

5.arp -aコマンドで登録されているか確認する.

下準備

1.管理者権限でコマンドプロンプトを開く
2.cdコマンドを用いて,DD-WRTのファイルをおいてあるフォルダまで移動する.
3.moveコマンドを用いて,ファイル名にtftpを入れる.

実行

1.WZR-HP-AG300Hの電源を切る.
2.コマンドプロンプトに次のコマンドを入力する.(実行しない)

tftp -i 192.168.11.1 put "DD-WRTのファイル名" 

3.WZR-HP-AG300Hの電源を入れる
4.LANポート側の全てのLED(USB,LAN,WAN)が点灯する.
5.全てのLEDが消え,USBポートのLEDが点灯する.
6.USBポートのLEDが消え,LANとWANのポートが点灯する.
7.LANとWANのポート消え,Windowsと接続しているLANのポートが点灯する.
8.4秒以内にコマンドプロンプトに入力したコマンドを実行する.
9.転送結果の成否はコマンドプロンプトに表示される.

後片付け

1.固定していたIPアドレス,サブネットマスク,ゲートウェイと自動取得に戻す.
2.Firewallを有効化する
3.WZR-HP-AG300Hから,IPアドレスが振られたら,ブラウザでhttp://192.168.1.1 へアクセス.
4.UserとPasswordを設定する画面がでたら,成功.

Results

  • Firewallの無効化を忘れると,転送がタイムアウトになる.
  • Windowsに2つ以上のLANを繋いでいても問題ない.

Conclusions

  • このあと,DD-WRTの設定がまためんどくさい.
  • DD-WRTのTX Powerは電波法により,必ず10以下にすること.

P.S.

  • WHR-G54Sはmacアドレスの変更は不必要.

Reference