SublimeText3

SublimeText3 セットアップ

More than 3 years have passed since last update.

SublimeText3を使い始めた時の設定メモ

Package Control

consoleに以下をはりつけ

import urllib.request,os,hashlib; h = 'eb2297e1a458f27d836c04bb0cbaf282' + 'd0e7a3098092775ccb37ca9d6b2e4b7d'; pf = 'Package Control.sublime-package'; ipp = sublime.installed_packages_path(); urllib.request.install_opener( urllib.request.build_opener( urllib.request.ProxyHandler()) ); by = urllib.request.urlopen( 'http://packagecontrol.io/' + pf.replace(' ', '%20')).read(); dh = hashlib.sha256(by).hexdigest(); print('Error validating download (got %s instead of %s), please try manual install' % (dh, h)) if dh != h else open(os.path.join( ipp, pf), 'wb' ).write(by)

一旦sublime textを終了してもう一度起動

ユーザ設定 

Preference -> Settings-User

基本的にお好みで。
オレオレ設定を晒しておきます

{
  // HTMLやXMLの開始タグを入力した時、終了タグを自動補完
  "auto_close_tags": true,
  // オートコンプリート
  "auto_complete": true,
  // 補完候補の選択にタブキーのみを用いる
  "auto_complete_commit_on_tab": true,
  // 補完候補表示の遅延
  "auto_complete_delay": 50,
  // オートコンプリートの最大サイズ
  "auto_complete_size_limit": 4194304,
  // オートインデント
  "auto_indent": true,
  // 閉じ括弧などを補完する。
  "auto_match_enabled": true,
  //アプリケーション全体でアニメーションを制御
  "animation_enabled": true,
  // サイドバーのフォルダ名を太字に
  "bold_folder_labels": true,
  // キャレットのスタイルを変える。他に「smooth」「blick」「solid」「wide」など
  "caret_style": "phase",
  // タブを全て閉じたらウィンドウも閉じる
  "close_windows_when_empty": false,
  // カラースキームを変更
  "color_scheme": "Packages/Color Scheme - Default/Monokai.tmTheme",
  // インデントの検出
  // ファイルを読み込むと自動的にtranslate_tabs_to_spacesとtab_sizeを設定
  "detect_indentation": true,
  // インデントの補助線の描画
  "draw_indent_guides": true,
  // ミニマップの表示位置にボーダーを付ける
  "draw_minimap_border": true,
  //タブやスペースなどの不過視文字を表示
  "draw_white_space": "all",
  //ファイルを開いた時インデントを自動セット
  "detect_indentation": true,
  // ファイルの最終行を改行記号にする
  "ensure_newline_at_eof_on_save": true,
  // タブをたくさんひらいた時にスクロール
  "enable_tab_scrolling": true,
  // 折り畳むボタンを隠す。ガーターにマウスポインタをかざすことで表示。
  "fade_fold_buttons": false,
  // trueの場合、選択している文字が検索パネルのテキストボックスに自動でコピー
  "find_selected_text": true,
  // 折りたたみの表示
  "fold_buttons": true,
  // フォントの種類(OS X)
  "font_face": "Ricty",
  // フォントサイズ(OS X)
  "font_size": 13,
  // フォントの種類(Win)
  // "font_face": "Inconsolata",
  // フォントサイズ(Win)
  // "font_size": 10,
  // フォントのアンチエイリアス表示
  "font_options":
  [
    "subpixel_antialias"
  ],
  // gutterの表示
  "gutter": true,
  // キャレットのある行をハイライトする
  "highlight_line": true,
  // 未保存タブを強調表示
  "highlight_modified_tabs": true,
  // 有効にするとアプリケーションの終了時にダイアログを出さずにすぐ終了する
  // 編集中のファイルは次回起動時に復元される
  "hot_exit": true,
  // 使用しないパッケージ
  "ignored_packages":
  [
    "Vintage"
  ],
  // インデントの補助線のオプション
  "indent_guide_options":
  [
    "draw_active"
  ],
  // カッコの位置に自動インデントする
  "indent_to_bracket": true,
  // 折り返し後の文頭位置。trueなら同じインデントの階層までインデントされる。
  "indent_subsequent_lines": true,
  // シンボルのインデックス化。シンボル移動するのに必要。
  "index_files": true,
  // 行番号の表示
  "line_numbers": true,
  // 各行の上側の余白のサイズをピクセル単位で設定
  "line_padding_top": 1,
  //各行の下側の余白のサイズをピクセル単位で設定
  "line_padding_bottom": 1,
  // カッコの強調表示
  "match_brackets": true,
  // カーソルが括弧の左右に隣接した時のみ強調表示するにはfalse
  "match_brackets_content": true,
  // 角括弧 [] を強調しないようにするにはfalse
  "match_brackets_square": true,
  // 波括弧 {} を強調しないようにするにはfalse
  "match_brackets_braces": true,
  //山括弧 <> を強調しないようにするにはfalse
  "match_brackets_angle": false,
  // HTMLとXMLで一致する開始タグと終了タグを強調表示するか
  "match_tags": true,
  // 現在選択されているテキストと同じ内容の部分を枠線で強調表示するか
  "match_selection": true,
  // ガーターとテキストエリアの間の余白の幅
  "margin": 8,
  // trueでファイルを開く際に新しいウィンドウで開く(OS Xのみ)
  "open_files_in_new_window": false,
  // プレビュー
  "preview_on_click": true,
  // 別のタブやウィンドウにフォーカスが移ると自動で保存
  "save_on_focus_lost": true,
  // スマートインデント
  "smart_indent": true,
  // タブクローズボタンの表示
  "show_tab_close_buttons": true,
  // ステータスバーに文字コードを表示
  "show_encoding": true,
  // ステータスバーに改行コードを表示
  "show_line_endings": false,
  // フルパスを表示
  "show_full_path": true,
  // ビルド時にビルドタブを自動で開く
  "show_panel_on_build": true,
  // タブキーによる補完決定
  // 補完候補の選択を誤ったときはCtrl+Spaceで選択をやり直せる
  "tab_completion": true,
  //タブサイズ
  "tab_size": 2,
  // テーマを変更
  //"theme": "Refined-Dark.sublime-theme",
  // タブ文字をスペースに変換
  "translate_tabs_to_spaces": true,
  // trueの場合、サイドバーにファイルやフォルダを追加や削除した時や、フォルダを開閉した時にアニメーション
  "tree_animation_enabled": true,
  // 空行のインデントを取り除くß
  "trim_automatic_white_space": true,
  // 保存時に行末の空白を削除する
  "trim_trailing_white_space_on_save": true,
  //ダブルクリックや[Ctrl+d]で単語単位選択する時、選択範囲を区切るのに使う文字
  "word_separators": "./\\()\"'-:,.;<>~!@#$%^&*|+=[]{}`~?",
    // テキストの折り返し
  "word_wrap": false,
    // テキストの折り返しをウインドウの幅で
  "wrap_width": 0,
  // ビルドシステムのパスをオリジナルのパスに
  "build_env":
  {
    "PATH": "/usr/local/bin"
  }
 }

Package Install

Preferences -> Package Settings -> Package Control -> Settings – User
を開き、以下を貼り付けで一括インストールできる

{
    "in_process_packages":
    [
    ],
    "installed_packages":
    [
        "All Autocomplete",
        "AutoFileName",
        "Autoprefixer",
        "BracketHighlighter",
        "Codecs33",
        "Color Highlighter",
        "ColorPicker",
        "ConvertToUTF8",
        "Git",
        "GitGutter",
        "HTML5",
        "jQuery",
        "Local History",
        "Package Control",
        "SideBarEnhancements",
        "Sublime Files",
        "SuperNavigator",
        "Terminal"
    ],
    "repositories":
    [
        "https://github.com/kope88/InputSequence.git"
    ]
}

インストールしたものはこれまたお好み

All AutoComplete

入力補完機能のパワーアップ

AutoFileName

ファイルパスつきでファイル名の候補を出してくれる

Autoprefixer

CSS3のベンダープレフィクスを作成してくれる
CSSを開いた状態で対象を選択
-> command + shift + p からAutoprefix CSS

BracketHighlighter

対応するカッコの強調表示

Codecs33

ConvertToUTF8

非UTF-8ファイルを開く。MacではCodecs33が必須

Color Highlighter

cssに記載した色コードの部分をその色で表示

ColorPicker

カラーピッカーから色を選択
command + shift + p

Git

command + shift + p からgit addとか打てる

GitGutter

git管理されている場合、変更した行とかを
行番号との間のgutter領域に表示で教えてくれる

HTML5

html5 ハイライト

jQuery

jQuery ハイライト

Local History

ローカルで変更履歴を残してくれる

SideBarEnhancements

サイドバー拡張

SideBarGit

サイドバーにgit機能を追加

Sublime Files

command + ctrl + nからファイル操作できる

SublimeLinter

SublimeLinter-csslint

SublimeLinter-jshint

コードチェック。言語ごとのlintをインストールして使う。

SuperNavigator

ファイル内のシンボルに移動できる。
commmand + k -> + a

開いている全部のファイルを対象にするには
command + k -> + s