Posted at

WindowsでJDK8をインストーラーを使わずインストールする方法

More than 1 year has passed since last update.


WindowsでJDK8をインストーラーを使わずインストールする方法

Windowsで、JDK(Java SE Development Kit)のインストーラー(exeファイル)を使用しないで、JDKをインストール(利用)する方法を紹介します。


試した環境

OS:Windows10 64ビット

JDK:Java SE Development Kit 8u121


この方法で得られるメリット

・JDKを複数使用して開発する場合、切替が容易。

・Javaバージョンアップを促す通知を受け取らなくて済む。


手順


1.JDKをダウンロードする

普通にOracleのサイトからWindows用のJDKをダウンロードします。

今回は環境に合わせて「jdk-8u121-windows-x64.exe」をダウンロードしました。


2.ダウンロードしたexeファイルをzipに変更する

ファイル名変更で、ファイル拡張子「.exe」を「.zip」に変更します。


3.zip解凍ソフトを用意する

Windows標準搭載の解凍機能では上手く解凍できないので、zip解凍ソフトを用意します。

今回は、「7Zip」を使用しました。 入手元はこちら→https://sevenzip.osdn.jp/


4.zipファイル解凍する

7Zipで解凍したファイルを好きな場所に保管します。

「ファイルを[zip]書庫として開くことができません」といった警告が表示されますが気にしなくてOKです。


5.必要に応じて(※1)解凍したファイルからCABファイルを展開する

※1:解凍したフォルダ内に「tools.zip」が存在する場合はこの作業は必要ありません。「jdk-7u51-windows-i586.exe」で試した場合は、解凍した時点で「tools.zip」が出来上がっていました。JDKのバージョンによって違う様です。

次のコマンドを実行します。

cd [解凍したフォルダパス]\.rsrc\1033\JAVA_CAB10

extrac32 111


6.「tools.zip」を解凍し、jarファイルに変換する

「[解凍したフォルダパス].rsrc\1033\JAVA_CAB10」フォルダにある「tools.zip」を解凍し、以下コマンドを実行して.packファイルを.jarファイルに変換します。

cd [解凍したフォルダパス]\.rsrc\1033\JAVA_CAB10\tools

for /r %x in (*.pack) do .\bin\unpack200 -r "%x" "%~dx%~px%~nx.jar"


7.好きな場所に「tools」フォルダを移動・リネームする

toolsフォルダ内のファイル、フォルダを好きな場所に移動します。

今回の例では「C:\Java\jdk-8u121」にしました。

↓こんな感じです。

20170315_01.png


8.環境変数を設定し、java -versionコマンドで確認する

↓環境変数でJAVA_HOMEを追加します。

20170315_02.png

↓PathにJAVA_HOMEを追加します。

20170315_03.png

↓「java -version」コマンドでバージョンを確認します。

20170315_04.png

以上です。