raspbian
Raspberrypi3
homebridge

Raspberry Pi をHomekitのブリッジにするまでの手順メモ

久しぶりに初期化していろいろ苦しんだのでメモ。
細かい手順は省きます。

環境
* Raspberry Pi3 Model B
* RASPBIAN STRETCH LITE

Summary

  1. SDカードにイメージを焼くぞ(Mac)
  2. 初期設定するぞ
  3. とりあえず更新するぞ
  4. node.jsをインストールするぞ1
  5. homebridgeをインストールするぞ2
  6. 追加設定するぞ

SDカードにイメージを焼くぞ(Mac)

  1. 公式サイトからRaspbianイメージをダウンロードする。
  2. SDカードを挿す
  3. 以下のコマンドを実行する
$ sudo diskutil list
$ sudo diskutil unmount <sdカード>
$ sudo dd bs=1m if=<DLしたRaspbianのイメージ> of=<sdカード>

ちなみにイメージ書き込み後にMac側からSSHを有効にすることも可能だとか。3
とりあえず今回はディスプレイにつないで初期設定作業しています。

初期設定するぞ

前工程がいい感じに終ったらraspberry pi本体にSDカードを挿入して電源を入れましょう。
PWR LEDが点滅したりbootしなかったら失敗です。
諦めて電源を引っこ抜き、Macに挿し直して以下のコマンドを実行して前工程をやり直しましょう。

ダメになったSDカードをきれいにするぞ
$ diskutil eraseDisk MS-DOS <任意のボリューム名> <sdカード>

ちゃんとbootできたら以下の作業を実施します。

  1. $ sudo touch /boot/sshでSSHを有効にする。
  2. $ sudo raspi-configで初期設定。
  3. 弄るのは以下。
    1. piのパスワード
    2. ロケールの設定
    3. ネットワーク設定(wifi運用しないなら不要)
    4. Expand Filesystem (Advancedから。やらなくてもいい?)
  4. $ ping raspberrypi.localでAvahiの確認

終ったら$ sudo shutdown nowでシャットダウンして然るべき場所にRaspberry Pi本体を配置しましょう。

とりあえず更新するぞ

SSHが繋がる前提です。
以下のコマンドを実行します。別に前工程でシャットダウンする前にやってもOKです。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get dist-upgrade 
$ sudo apt-get install vim

テキストエディタはお好みで。

node.jsをインストールするぞ

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install -y nodejs npm
$ sudo npm cache clean
$ sudo npm install npm n -g
$ sudo n stable

homebridgeをインストールするぞ

$ sudo apt-get install libavahi-compat-libdnssd-dev
$ sudo npm install -g --unsafe-perm homebridge
$ sudo npm install -g homebridge-irkit

追加設定するぞ

/boot/config.txtの末尾に以下を追記するとギラギラ光って鬱陶しいRaspberry Pi本体のPWR LEDが消灯状態になります。4

/boot/config.txt
dtparam=pwr_led_trigger=none,pwr_led_activelow=on

参考サイト