Posted at

mocha × TeamCity インテグレーション 〜テスト結果、カバレッジをTeamCity に表示する〜

More than 3 years have passed since last update.

TeamCity ではnode.js のテストフレームワークであるmocha をデフォルトではサポートしていません。

そのためNode.js のテストをTeamCity 上でCIするためにはnode.js のパッケージをインストールする必要があります。

ここではそのモジュールと使い方を解説します。


package 名


  • mocha-teamcity-reporter -> テスト結果の表示

  • mocha-teamcity-cov-reporter -> テストカバレッジの表示


インストール

テスト対象となるプロジェクトのpackage.json に以下を追加します。

{  

"devDependencies": {
"mocha-teamcity-reporter": ">=0.0.1",
"mocha-teamcity-cov-reporter": ">=0.0.1"
}
}


テストの定義


テスト対象プロジェクト

テスト対象となるプロジェクトのpackage.json にテストを定義しておくと良いです。

{

"scripts": {
"test-teamcity": "mocha --recursive ./src/test --reporter mocha-teamcity-cov-reporter --reporter mocha-teamcity-reporter"
}
}


TeamCity

Runner typeNode.js NPMにして以下を追加します。

TeamCity でnpm を扱うためには過去のQiitaを参照してください。

run test-teamcity


TeacmCity での表示


テスト結果

成功、無視、エラーをまとめて見ることができます。

この例ではありませんが、エラーがあればエラーのテストも見ることができます。

スクリーンショット 2016-07-25 22.22.27.png


カバレッジ

カバレッジについても継続して記録されるようになります。

テストの指標を継続して見られるので非常に役に立ちます。

スクリーンショット 2016-07-25 22.24.56.png