最近日本ではVtuber(バーチャルユーチューバー)が人気を博しているようですね。また、Youtuberの多様性も毎日投稿・エンタメ系・商品紹介系で金儲けるぞ!という元祖Youtuberだけでなく、いろんなジャンルのYoutuberが増えて来たように思います。英語圏でも、毎日投稿というよりは、どちらかというと普通の人(大学を出て就職してフルタイムで働いてる。)が投稿するゆるーく人生実況する系の登録者数1万〜5万くらいのSmall Youtuberがロングテールの法則通り数え切れないほどいます。

 その中でも特にシリコンバレー界隈の優秀なエンジニアたちが自分のエンジニアライフを発信するVlogが熱いです。(個人の見解ですが)

 日常の雑談から、エンジニアを目指す視聴者へのアドバイス、エンジニアとしてのキャリアパスなど、彼らを取り巻く人生事情をありのまま切り取った動画を眺めているだけでも、これからもIT業界を牽引していくだろうシリコンバレーの内情をミクロな視点から肌で感じることができるはずです。

 英語の勉強も興味ある分野だと頭に残りやすいと思います。この記事では、プログラミングの学習用のチュートリアル系チャンネルというよりは、もっと軽く娯楽として見れる、「英語を学びたい」、「海外でエンジニアとして働きたい」、「(片思いの)友達が欲しい!」という人向けのエンジニア系Vlogを紹介していきたいと思います。

 理由は分からないのですが、エンジニア系Youtuberはアジア系が多いです。今回のリストもアジア系に偏っています。

Joma Tech 界隈

 エンジニア系のYoutuberの元祖?かは分からないのですが、Jomaさん周辺のエンジニア系Youtuberの界隈は特に賑わっています。彼がアジア人ということもあり、彼の友達の輪からエンジニア系チャンネルが広がったと考えると、エンジニア系Youtuberはアジア系が多い理由も説明できるかもしれません。

Joma


 データサイエンティスト。Facebook、Notvine(彼が創業)。
University of WaterlooというCS(Computer Science)のカナダでもトップレベルの大学を卒業。Microsoft、facebook、Linkedin、Buzzfeedなどでインターンシップや勤務を経験。とても人が良さそうな雰囲気が画面を超えて伝わって来ます。ライブ放送も頻繁に行っており、視聴者とのコミュニケーションも積極的です。

WHO IS JOMA???

5 Tips For Getting A Data Science Job

A Day In The Life Of Silicon Valley Engineers

チャンネル:https://www.youtube.com/jomatech
チャンネル2:https://www.youtube.com/channel/UCKKjxv1Y3O5j4hoRqr7ZTvw
ブログ:https://www.joma.io/

mayuko


 iOSソフトウェアエンジニア。
 UCSDという理系で有名な大学のCS学科を卒業。プログラミングには大学に入って初めて触れたそうです。アメリカ育ちの日本人で神戸にも一瞬住んでたらしく、おそらく家では日本語で会話するのでしょう、関西弁が喋れます。

How to get a Software Engineering Internship | mayuko x JoMa

a day in the life of a software engineer

Interview with an iOS Engineer (ft. Mayuko)

チャンネル:https://www.youtube.com/user/hellomayuko

Jarvis Johnson


ソフトウェアエンジニア。Georgia Techを卒業。Googleでの勤務経験あり。毎週投稿という目標も最近定め、Youtubeの活動も増えていきそうです。

Why I Left Google...

How to Get Into Software Engineering

First Impressions of Mayuko Jarvis and Joma!

チャンネル:https://www.youtube.com/jarvisjohnson

Lee Sunmi


 積極的にYoutuberとして活動してはいないものの、Jomaさんのチャンネルに度々出てくるため紹介します。韓国人で、中国の高校を卒業後スタンフォード大学でCSを学び、facebook勤務という経歴お化け。彼女のおかげなのかJomaさんのチャンネルは韓国からの閲覧者が意外といるそう。

Interview with a Software Engineer from Stanford

 チャンネル:https://www.youtube.com/user/sunmee0330

その他

Tech Lead


 本名はPatrick Shyuさん。UCSDからUCB、東工大にも留学経験のあるというまたすごい経歴です。Googleに勤務経験もあります。
How to get in: Software Engineer (education, degree, and resume)

Why I Quit Google: Kyoto Arc

チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC4xKdmAXFh4ACyhpiQ_3qBw

All Things Japanese By Sashi


 最後に日本育ちの日本人も紹介したいと思います。千葉県の高校卒業後にカナダに留学してSMUのCS学科を卒業。Microsoftでインターンも経験。就労ビザを現地で取得してエンジニアとして活躍しておられます。これくらい英語が喋れるようになりたいものです。
HOW I GOT A JOB AT MICROSOFT | INTERVIEW PROCESS AT WORLD'S BEST TECH COMPANY

チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UClxDs-wxR4dOZjbrI5V-1uA

なぜ英語圏でエンジニア系Youtuberが増えてきたのか

 完全に独断と偏見のリストになってしまいました。実際、Youtubeを探るとこのようなVlogチャンネルだけに止まらず、チュートリアルやインタビュー動画などエンジニア関連の動画はかなりたくさんあります。

 エンジニアがYoutubeなんて!となりがちなのも、エンジニアと言えばオタクで根暗...みたいなイメージが未だに日本では根深いからかもしれません。
 しかし、日本の外に目を向けてみると意外とそうでなかったりします。まず、特に欧米ではIT系の職業の給料は非常に高いです。この記事に何度も出てきたCS学科ですが、卒業生は業界経験1年未満でも米国での平均年収は$62537(=700万円くらい)。下手すると日本の倍近くかもしれません。また、理系は全体的に日本より高いです。

 そうなると、今まで典型的なオタクしか理系(英語圏ではSTEM系と呼ばれます)に進学していなかったのが、今やいい人生を歩む手段として様々な人を惹きつけるキャリアパスとなっています。その結果、男女比も日本ほど偏らず、人種も多様というふうに、エンジニア・研究職にも全体的に多様性が生まれました。その中には必然的にYoutuberをやってみようと思う人もいるよねというようなマクロ的考察ができます。
 また、残業や有休制度の充実などによる時間的余裕も、エンジニア系Youtuberを輩出できる要因であることも間違いありません。

 英語を学んでみるという理由だけではなく、Youtubeを通して、海外のエンジニア事情を探ってみるのもいいかもしれません。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.