15
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Automation Anywhere Community Editionについて

エンタープライズ向けのRPAプラットフォームとして認知されてきたAuotmation Anywhere Enterpriseに、
無償のCommunity版がリリースされました。

Community版の使用が認められる対象ユーザの範囲によっては、
プライベートでも色々と出来る気がしましたので、簡単なまとめを作ってみました。

2019年3月4日発表のプレスリリース
Automation Anywhere Launches Free Community Edition for Small Businesses, Developers and Students

下記ページからダウンロードが可能。
従来版(ver11)のCommunity Editionはこちら
次世代版のA2019 Community Editionはこちら

上記ページにある比較表の和訳(原文も必ず確認してください)

AA ENTERPRISE DIGITAL WORKFORCE PLATFORM AA COMMUNITY EDITION
含まれるもの Enterprise - RPAツール
IQ bot - AI OCR的なもの
Bot Insight (解析、可視化ツール)
Bot Store - Botのマーケットプレース
モバイルアプリ
Enterprise - RPAツール
IQ bot - AI OCR的なもの
Bot Insight (解析、可視化ツール)
Bot Store - Botのマーケットプレース
モバイルアプリ
対象ユーザ 中~大企業 小規模の企業、開発者、学生

小規模の企業の定義: 250台以下かつ250ユーザかつ年間売上$500万(約5.5億円)までの企業
ライセンス形態 ライセンス形態 有償 (年間のサブスクリプション)
30日間の無償トライアルも有り
無償
運用形態 オンプレミス、クラウド、ハイブリッド クラウドのみ
Bot作成上の制限 無制限 2デバイスのみ対応
(開発用クライアントの数?要確認)
作成できるBot数 無制限 無制限
テクニカルサポート 電話、eメール、チケットによるサポート対応、
A-Peopleでのコミュニティサポート、
Customer Success ManagerによるDedicatedなサポート
A-Peopleでのコミュニティサポート
トレーニング Automation Anywhere University (E ラーニング)、講師によるトレーニ ング、社内講師の育成コース Automation Anywhere University (E ラーニング)

Community版の制限事項としては、1つの組織で5台までしか使用できないことと、
Community版ユーザが使えるIQ Botでは月に100ページまでしか処理できないそうです。

EラーニングサイトのAutomation Anywhereで、無償でトレーニングが受講できるほか、Community Edition用の日本語化されたチュートリアルも公開されています。
https://university.automationanywhere.com/

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
15
Help us understand the problem. What are the problem?