Help us understand the problem. What is going on with this article?

WindowsでFTPサーバー構築

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

今回は、Windows10においてSSLなしのFTPサーバーの構築手順を紹介します。

環境

Windows10 Pro

手順

FTPサーバー機能有効化

Windows10は標準でFTPサーバー機能を備えていますが、デフォルトでは無効になっています。したがって、まずは有効化します。
コントロールパネル → プログラム → Windowsの機能の有効化または無効化
valid-ftp-server.png

FTPユーザー作成

コントロールパネル → システムとセキュリティ → 管理ツール → コンピューターの管理
「ユーザー」→「新しいユーザー(M)」

「ユーザー名(U)」、「パスワード(P)」、「パスワードの確認入力(C)」を入力
「ユーザーは次回ログオン時にパスワードの変更が必要(M)」のチェックを外し作成
2018-10-24_13h30_19.png

FTPサイトの作成

FTPサイトの追加

コントロールパネル → システムとセキュリティ → 管理ツール → コンピューターの管理
「インターネット インフォメーション サービス(IIS)マネージャー」 → 「サイト」 選択
「FTPサイトの追加...」
2018-10-24_13h49_58.png

サイト情報入力

FTPサイト名 → 任意
コンテンツディレクトリ → FTP接続先のディレクトリを指定
2018-10-24_14h06_00.png

バインドとSSLの設定

「無し(L)」にチェック
2018-10-24_14h11_35.png

認証および承認の情報

認証
「基本(B)」にチェック
承認
「アクセスの許可(C)を
「指定されたユーザー」を選択し、上記で作成したユーザー名を入力
2018-10-24_14h13_17.png

ファイアウォール設定

外部からFTPでアクセスできるようにファイヤーウォールウォールを設定します。
「FTPサーバー」のプライベートとパブリックにチェックを入れます。
2018-10-24_14h28_47.png

ディレクトリ共有設定

エクスプローラーを起動して、FTPで共有したいディレクトリを選択します。
そのディレクトリを選択状態で右クリックします。
「アクセスを許可する(G)」→「特定のユーザー...」と選びます。
共有するユーザー(上記で追加したユーザー)をプルダウンから選択し、「追加(A)」を押します。
アクセス許可のレベルを「読み取り/書き込み」にしましょう。そして、「共有(H)」で共有します。
2018-10-24_16h19_51.png

FTPタイムアウト設定

こちらは好み?でいいですが、すぐにFTPでいろいろするにあたってすぐにタイムアウトすると困るので、タイムアウト設定を変更します。
「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「管理ツール」→「インターネット インフォメーション サービス(IIS)マネージャー」と進みます。
接続(左カラム)から先ほど作成したFTPサイトを選択します。そして、操作(右カラム)の「詳細設定...」をクリックします。その中の「接続」→「コントロールチャネルのタイムアウト」がデフォルト120(秒)になっていると思いますので、お好みで数値を入力します。数値を変更したら操作(右カラム)の「FTPサイトの管理」の「再起動」でFTPサーバーの再起動を行いましょう。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away