Help us understand the problem. What is going on with this article?

python > print > 処理終了時にしかリダイレクトされない? > -u 付きで実行する

More than 1 year has passed since last update.
動作確認
Raspberry Pi2 (raspbian)
MacOS X 10.8.5

pythonでの出力

以下のコードを用意

hello.py
#!/usr/bin/env python
import time

print "hello"

for x in range(0,60):
    print x
    time.sleep(1)

以下のように実行

$ ./hello.py > log.tmp

別のターミナルで以下を実行

$ tail -f log.tmp

上記を行った時、log.tmpの中身の更新は60回のprintが終わった後になっているようだ。

stdoutで見た時は毎秒表示されるが、ファイル出力の場合は毎秒出力されない。

bashでの出力

代わりにbashのスクリプトを用意

test-exec
#!/usr/bin/env bash

for x in $(seq 1 60)
do
  echo $x
  sleep 1
done

こちらを実行した場合は、毎秒ファイル出力される。

疑問

pythonのprint文で毎秒ファイル出力させるにはどうするのだろうか。

print以外のファイル書込み命令を使えばいいのかもしれないが、ファイルのリダイレクトと組合せられる方法を調べないと。

DHT11で温度、湿度が測れてもファイル出力時にtail -fで見れないのが惜しい。

解決

http://stackoverflow.com/questions/107705/disable-output-buffering

python実行時に -u オプションを指定すればいいようだ。

hello.py
#!/usr/bin/env python -u
import time

print "hello"

for x in range(0,60):
    print x
    time.sleep(1)

上記の指定 #!/usr/bin/env python -uでMacOSX上では動いた。
一方で、raspberry Pi2では-uオプションがないというようなエラーとなった。
#!/usr/bin/python -uにしたら動いた。

7of9
セブンオブナインです。Unimatrix 01の第三付属物 9の7という識別番号です。Star trek Voyagerの好きなキャラクターです。まとめ記事は後日タイトルから内容がわからなくなるため、title検索で見つかるよう個々の記事にしてます。いわゆるBorg集合体の有名なセリフから「お前たち(の知識)を吸収する。抵抗は無意味だ」。Thanks in advance.
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした