Help us understand the problem. What is going on with this article?

esa.io > GitHub Webhook (β)試用

More than 3 years have passed since last update.

情報共有サービスesa.ioにて記事を公開する方法としてGitHub Webhookというものがあることを知った。
現在、βバージョンである。

https://docs.esa.io/posts/176

試してみた。

セットアップ

  • Label: blog
  • esa root category: 技術英語
  • repo: yasokada/TechEnglish_170903
  • branch: master
  • output directory: data

上記とGitHub API Access Tokenを設定した。

試用

カテゴリ「技術英語」にて記事を投稿した。

https://github.com/yasokada/TechEnglish_170903/tree/master/data
に「4578.html.md」というファイルが生成された。

コミットメッセージは「[esa] Update post.」や「[esa] Create post.」など。

4578.html.mdには以下の項目が表として付加される。

  • title
    • If this occurs, the System [cannot be relied on to] stop dangerous machine motion when a person or object enters the defined area. (記事のタイトル)
  • category
    • 空白 (漢字「技術英語」が本来は入る?)
  • tags
    • TechEnglish (付けたタグ)
  • created_at
    • 記事作成日時
  • updated_at
    • 記事更新日時
  • published
    • true
  • number
    • esa.ioの記事の番号

所感

  • 良い点
    • カテゴリに記事追加で自動的にGitHubにアップロードされるのは便利
    • 検索UIが充実しているesa.io自体で記事を管理できる点が良い
  • 気づき点
    • 漢字のCategoryはうまく表記されない?
    • 記事内の改行がところどころ消えている
    • ファイル名(4578.html.md)からは内容が分からない
      • GitHub上での閲覧という観点でユーザがどのように使うか
    • 記事番号が4桁より少ない場合、順番がおかしくなる

リンク

(追記 2017/09/25)

esaからblog?更新している例。

モノグサ万歳!Webデザイナーがesa→GitHub→Travis CI→Hexoで、ポートフォリオのビルドを自動化した話

7of9
セブンオブナインです。Unimatrix 01の第三付属物 9の7という識別番号です。Star trek Voyagerの好きなキャラクターです。まとめ記事は後日タイトルから内容がわからなくなるため、title検索で見つかるよう個々の記事にしてます。いわゆるBorg集合体の有名なセリフから「お前たち(の知識)を吸収する。抵抗は無意味だ」。Thanks in advance.
qiitadon
Qiitadon(β)から生まれた Qiita ユーザー・コミュニティです。
https://qiitadon.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away