embedded
naming
interrupt

naming > xxxEI | yyyDI > Enable Interrupt | Disable Interrupt

  • 組込みの実装
  • 変数名にEIやDIが付いている
    • 例: xxxEI、yyyDI

EIやDIは何を意味するのか。

推測

Enable InterruptとDisable Interrupt

http://www.microchip.com/forums/m741230.aspx

asm volatile(“di”); // Disable all interrupts
asm volatile(“ie”); // Enable all interrupts

補足: ieはeiの誤記だろう。

備考

http://www.microchip.com/forums/m741230.aspx

On the pic32 you have global interrupt enable/disable and individual interrupt enable/disable capability (it is far more granular than on the pic18 parts).

関数としては以下があると、特定の割込みセットををEnableにしたり、特定の割込みセットをDisableにする時にコードは少なくできそう。

  • 全てをEIにする関数
  • 全てをDIにする関数
  • 個別でEIにする関数
  • 個別でDIにする関数

変数名に関しては、xxxEIとyyyDIの両者を定義するよりも、「xxxEIとyyyEIを定義してdisableの時はFALSEにする」という実装案もあるだろう。

どちらがソースメンテ時に有用だろうか。

MSP430

MSP430ではP1IEやP2IEのようにEnableの設定レジスタがあり、Disableにするには0にする。

https://courses.cs.washington.edu/courses/cse466/11au/calendar/04-Interrupts-posted.pdf
のp19あたり

P1IE & P2IE (Port 1 & 2 Interrupt Enable reg)
Bit 0: interrupt disabled
Bit 1: interrupt enabled