Help us understand the problem. What is going on with this article?

Read the Docs > 入門してみた > sphinx-quickstart生成テンプレートの公開まで | PDF版のドキュメント取得

More than 1 year has passed since last update.
動作環境
GeForce GTX 1070 (8GB)
ASRock Z170M Pro4S [Intel Z170chipset]
Ubuntu 16.04 LTS desktop amd64
TensorFlow v1.2.1
cuDNN v5.1 for Linux
CUDA v8.0
Python 3.5.2
IPython 6.0.0 -- An enhanced Interactive Python.
gcc (Ubuntu 5.4.0-6ubuntu1~16.04.4) 5.4.0 20160609
GNU bash, version 4.3.48(1)-release (x86_64-pc-linux-gnu)
scipy v0.19.1
geopandas v0.3.0
MATLAB R2017b (Home Edition)
ADDA v.1.3b6
gnustep-gui-runtime v0.24.0-3.1
sphinx-build 1.7.1

Read the Docsに入門してみた。

準備

参考: Read the Docs(Sphinx)でオープンソースのドキュメントをいい感じに書いてみる
by rcmdnkさん

情報感謝です。

Sphinxのセットアップのため以下を実行しました。

$ sudo pip install recommonmark
$ sudo pip install sphinx sphinx-autobuild
$ sudo pip install sphinx_rtd_theme

手順

  1. Read the Docsにアカウント作成
  2. GitHubにリポジトリ作成
  3. mkdir docs, cd docs
  4. sphinx-quickstartにてSphinxのテンプレートを作成
  5. docs/にて手順4生成ファイルをGitHubにpush
    • _build/はignore設定する
      • ../.gitignoredocs/_build/を記載
    • git add -A
    • git commit -m "add docs"
    • プッシュする
  6. Read the Docsのプロジェクトを作成 (ReadTheDocs_180310)
  7. Read the Docsのプロジェクトをビルド
    • [概要]ページの[ビルド]ボタン
    • [トリガーされた...]をクリックして進捗を見る
    • >> "Build completed"(緑色)が表示されればビルド完了

ページ

http://readthedocs-180310.readthedocs.io/en/latest/#

(追記: 記事投稿後に内容を追加しています(show2dimage_180310の追加)。)。

PDF版のドキュメント取得

公開したドキュメントにはPDFとしての取得機能はない。

一方で以下には[ダウンロード]ページに「latest PDF」「latest HTMLZip」「latest Epub」の機能がある。
https://readthedocs.org/projects/readthedocs-180310/downloads/

7of9
セブンオブナインです。Unimatrix 01の第三付属物 9の7という識別番号です。Star trek Voyagerの好きなキャラクターです。まとめ記事は後日タイトルから内容がわからなくなるため、title検索で見つかるよう個々の記事にしてます。いわゆるBorg集合体の有名なセリフから「お前たち(の知識)を吸収する。抵抗は無意味だ」。Thanks in advance.
qiitadon
Qiitadon(β)から生まれた Qiita ユーザー・コミュニティです。
https://qiitadon.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした