Edited at

WRF > Open MPI / MPICH > Default January 2000 caseの処理時間の比較 > ほぼ同じ

More than 1 year has passed since last update.


動作環境

Xeon E5-2620 v4 (8コア) x 2

32GB RAM
CentOS 6.8 (64bit)
openmpi-1.8.x86_64 とその-devel
mpich.x86_64 3.1-5.el6とその-devel
gcc version 4.4.7 (とgfortran)

WRF(Weather Research and Forecasting Model)関連。

WRFの処理をOpen MPIとMPICHで比べてみた。

対象としたケースは

http://www2.mmm.ucar.edu/wrf/OnLineTutorial/CASES/index.html



Default January 2000 case


Open MPI

wrf.exe実行時にtime mpirun -np 6 ./wrf.exeのようにして処理時間を見てみた。

秒未満の時間は「切り捨て」た。

np
real
user

1
2m7s
2m3s

3
0m46s
2m15s

6
0m28s
2m50s

16
0m17s
4m26s

なぜかnp=16のuserがやたら大きい。


MPICH

np
real
user

1
2m6s
2m3s

3
0m45s
2m16s

6
0m28s
2m51s

16
0m23s
6m11s

np=16のuser以外はOpen MPIと同様の結果となった。