event
cppBuilder

C++ Builder XE4, 10.2 Tokyo > Form2のTButton::OnClickイベントをForm1のTButtonで使う

動作環境
C++ Builder XE4
RAD Studio 10.2 Tokyo Update 2 (追記: 2018/01/05)

Form2でOnClickを実装しているTButtonがあるとする。
Form1のTButtonをクリックした時にそのイベント処理をする。

code

Unit1.cpp
//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#pragma hdrstop

#include "Unit1.h"
#include "Unit2.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
    : TForm(Owner)
{
}

void __fastcall TForm1::FormShow(TObject *Sender)
{
    Form1->Button1->OnClick = Form2->Button1->OnClick;
}
//---------------------------------------------------------------------------
Unit2.cpp
//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#pragma hdrstop

#include "Unit2.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm2 *Form2;
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm2::TForm2(TComponent* Owner)
    : TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm2::Button1Click(TObject *Sender)
{
    ShowMessage(L"Form2");
}
//---------------------------------------------------------------------------

備考

以下のタイミングでのForm1->Button1->OnClick代入は失敗する。

  • Form1のコンストラクタ
  • Form1のOnCreate

Form2の生成タイミングによると思われる。
Form1のOnShowであれば、Form2は生成済みだろう。

用途

一つのフォームで多くの処理を実装したとき、コードの可読性が悪くなる (例: 1390行のコード、40弱の関数)。
将来の機能追加、バグ修正に負担が生じる。

上記のように別ユニットでの実装にして利用すると、フォームの可読性が良くなる経験をしている。
「1つの装置」の処理を「別の装置」の処理に置換えしやすくもなる。
(処理の分離方法は他にもあるだろう。)