tips
matplotlib
Jupyter
borgWarp

Jupyter + Matplotlib > 手順 > 表示された画像を拡大する (解像度はそのまま)

動作環境
GeForce GTX 1070 (8GB)
ASRock Z170M Pro4S [Intel Z170chipset]
Ubuntu 16.04 LTS desktop amd64
TensorFlow v1.2.1
cuDNN v5.1 for Linux
CUDA v8.0
Python 3.5.2
IPython 6.0.0 -- An enhanced Interactive Python.
gcc (Ubuntu 5.4.0-6ubuntu1~16.04.4) 5.4.0 20160609
GNU bash, version 4.3.48(1)-release (x86_64-pc-linux-gnu)
scipy v0.19.1
geopandas v0.3.0
MATLAB R2017b (Home Edition)
ADDA v.1.3b6

動機

qiita.png

右図のNetagive polarization branch (彗星やC型小惑星の後方散乱で見られる謎の現象)に関係しそうな部分を拡大表示したい。

手順

以下の方法はあるようだ。

  1. Chromeで別ウィンドウを開く
    • 別タブでなく別ウィンドウの方が作業しやすい
  2. Matplotlibの表示画像をドラッグして、手順1のウィンドウにドロップする
    • >> 背景色が透明の拡大画像表示になる
  3. Ctrl + マウスwheelでさらに拡大する

qiita.png

Jupyter+Matplotlibで表示した状態で「Ctrl + マウスwheel」ではコードセルは拡大表示されるが、グラフは拡大されないので検討した。
解像度は変わらない。