Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

WRF > NCL > ベクトル図を描画してみた

More than 3 years have passed since last update.

WRF(Weather Research and Forecasting Model)で使うことになるNCAR Command Language (NCL)。

http://qiita.com/7of9/items/825eec06a039bc016a5b
にて疑問に思ったベクトル図を描画してみた。

http://www.ncl.ucar.edu/Document/Functions/WRF_arw/wrf_vector.shtml
にExampleがあったので試した。

Exampleをそのまま実行してもエラーとなった。

以下が必要だった。

  • WRFを実行して、wrfout_d01_2000-01-24_12:00:00を作成する
  • 上記のファイルをwrfout_d01_2000-01-24_12:00:00.ncとしてシンボリックリンクを張る
  • Exampleのnclファイルにwrf_map_overlays()を追加

nclファイルは以下となった。

wrf_wps_vector.ncl
load "$NCARG_ROOT/lib/ncarg/nclscripts/csm/gsn_code.ncl"
load "$NCARG_ROOT/lib/ncarg/nclscripts/wrf/WRFUserARW.ncl"

begin
  a = addfile("wrfout_d01_2000-01-24_12:00:00.nc","r")

  wks = gsn_open_wks("x11","test")

  u10 = wrf_user_getvar(a,"U10",0)   ; U component of the wind at 10m
  v10 = wrf_user_getvar(a,"V10",0)   ; V component of the wind at 10m

  res = True
  res@gsnDraw  = True    ; Forces the plot to be drawn
  res@gsnFrame = True    ; Frame advance
  vector = wrf_vector(a,wks,u10,v10,res)

  pltres = True
  mpres = True
  plot = wrf_map_overlays(a, wks, (/vector/),pltres, mpres);

end
$ ncl wrf_wps_vector.ncl

にて以下の図が出てきた。

qiita.png

描画しているのはWRFの結果のU10とV10成分からなるベクトル図のようだ。

ベクトルとcontourの重ね合わせ例は以下にも見つかった。
http://www2.mmm.ucar.edu/wrf/OnLineTutorial/Graphics/NCL/Examples/BASIC_SFC/wrf_Surface1.htm

http://www2.mmm.ucar.edu/wrf/OnLineTutorial/Graphics/NCL/NCL_examples.htm
のサンプルを見るのが使い方の理解には近道になりそうだ。

7of9
セブンオブナインです。Unimatrix 01の第三付属物 9の7という識別番号です。Star trek Voyagerの好きなキャラクターです。まとめ記事は後日タイトルから内容がわからなくなるため、title検索で見つかるよう個々の記事にしてます。いわゆるBorg集合体の有名なセリフから「お前たち(の知識)を吸収する。抵抗は無意味だ」。Thanks in advance.
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away