SmartGit
trap
#migrated

SmartGit > remote情報の変更 > メニュー > [Remote] > [Properties] | .gitは外す < クローンして別リポジトリにする

動作環境
Windows 7 Pro (32bit)
SmartGit Version 17.0.5 #10143

unity > github / sourcetree > cloneして別リポジトリにする

上記はSourceTreeでの手順である。

`3. SourceTreeにてリモートリポジトリの設定を変更する

SmartGitで同様のことをする場合、remote設定はどこで変更をするのか確認した。

メニュー > [Remote] > [Properties]がある。
ここでURL or Path設定を変更すれば良い。

ただしURL or Pathで指定するのは「.gitを外したパス」のようだ

例: https://auser@bitbucket.org/auser/linemonitor

以下にするとエラーになる。

例: https://auser@bitbucket.org/auser/linemonitor.git

Remote Properties: repository 'https://auser@bitbucket.org/auser/linemonitor.git/' not found: remote: Not Found

.git付きにすると、その下のフォルダとしてPushしようとして、失敗する。

clone直後は.git付きの設定になっており、設定変更時には.gitなしにする、というのは分かりにくい。