Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

【RDS】RDSとは

RDS とは

Amazon Relational Database Servie の略
様々なデータベースソフトウェアに対応したフルマネージドのリレーショナルデータベース

以下7種類のRDBMSからエンジンを選択肢、利用可能

  • MySQL
  • Oracle DB
  • SQL Server
  • PostgreSQL
  • MariaDB
  • Amazon Aurora(MySQL-compatible)
  • Amazon Aurora(PostgreSQL-compatible)

DBインスタンス

AWSクラウド内の独立したデータベース環境であり、RDSで選択したデータベースエンジンが実行される
RDSの基本的な構成要素はDBインスタンスである

DBインスタンスストレージ

1. 汎用SSD
様々なワークロードに対応できるコスト効率の高いストレージとして使用

2. プロビジョンドIOPS
低I/Oレイテンシー及び一貫したI/Oスループットが必要となるI/O負荷の高いワークロード(特にデータベースワークロード)のニーズを満たすように設計されている

3. マグネティック
下位互換性のためにマグネティックストレージをサポートしている

RDBMS on EC2 と RDS の違い

RDSで選択可能なデータベースエンジンは、Auroraを除いて、EC2インスタンスに直接インストール可能だが、以下のような使用上の違いがある

操作 RDBMS on EC2 RDS
ssh / リモートデスクトップ接続 ×
データファイル操作
(代替手段有り)
システムレベルの操作
(代替手段有り)
自動バックアップ
(利用者が仕組みを作る必要有り)
冗長化
(利用者が構成する必要有り)

ライセンス

商用RDMNSであるSQL ServerとOracle DBを利用するためには、通常、ライセンスを購入する必要がある

EC2にRDBMSをインストールする場合

  • Oracle DBをインストール → 別途ライセンスを購入する必要がある
  • SQL Serverをインストール → BYOLで利用する際には専用ホスト型のEC2インスタンスを起動しインストール、BYOLで利用しない場合はWindows Server上に提供されている、あらかじめインストールされたAMIを利用可能なため、費用は発生しない

RDSを利用する場合

  • 料金にライセンス費用が含まれたインスタンスタイプが提供されているため、別途ライセンスを購入する必要はない
  • Oracle DBをBYOLで利用することも可能
  • RDS SQL ServerをBYOLで利用することは不可

RDSの制限事項

  • 使用出来るバージョンが限定される
  • キャパシティに上限がある
  • OSへのログインやファイルシステムへのアクセスが出来ない
  • IPアドレスが固定出来ない
  • 個別パッチは適用出来ない
777cb_
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away