Edited at

【PhpStorm】ショートカット(Win・Mac)と設定方法

WindowsとMacの両方で使用しているとショートカットを忘れるのでチートシートを作成しました。

他にも便利なショートカットがあるので、随時追加します。

PhpStormは 2016.2.1 を使用しております。


ショートカット一覧

※ショートカットキーが2つあるものは、or 区切りで記載しています。

Keymap上の表示
動作
Windows
Mac

マウスで複数箇所選択(※矩形選択可)
Alt + クリック(※ドラッグしてまとめて選択可)
Alt + クリック(※ドラッグしてまとめて選択可)

Terminal
ターミナル表示

option + F12

Jump to Source
呼び出しているソース元(関数やクラスなど)を表示
F4
F4 or command + ↓

Paste from History
コピー履歴からペースト
Ctrl + Shift + V
command + shift + V

Find...
ファイル内検索

command + F

Find in Path...
プロジェクト内検索

command + shift + F

Replace...
ファイル内置換

command + R

Replace in Path...
プロジェクト内置換

command + shift + R

Back
一つ前の操作位置へ戻る
Ctrl + Alt + ←
command + [ or command + option + ←

Forward
一つ先へ操作位置へ戻る
Ctrl + Alt + →
command + ] or command + option + →

Selct Previous Tab
左のタブへ移動
Alt + ←
command + shift + [ or control + ←

Select Next Tab
右のタブへ移動
Alt + →
command + shift + ] or control + →

Close
タブを閉じる
Ctrl + F4
command + W

Duplicate Line or Selection
行単位で下へ複製
Ctrl + D
command + D

Delete Line
行の削除
Ctrl + Y
command + delete

Cut
行を切り取り
Ctrl + X or Shift + Delete
command + X or shift + fn + delete

Move Line Up
行単位で上へ移動
Alt + Shift + ↑
shift + option + ↑

Move Line Down
行単位で下へ移動
Alt + Shift + ↓
shift + option + ↓

Move Statement Up
命令文単位で上へ移動
Ctrl + Shift + ↑
shift + command + ↑

Move Statement Down
命令文単位で下へ移動
Ctrl + Shift + ↓
shift + command + ↓

Move Caret to Next Word
単語の末尾へ移動

option + →

Move Caret to Previous Word
単語の先頭へ移動

option + ←

Move Caret to Line End
行の末尾へ移動

command + →

Move Caret to Line Start
行の先頭へ移動

command + ←

Extend Selection
単語を選択(連続押下で範囲拡大)
Ctrl + W
option + ↑

Select All Occurrences
同じ単語を全て選択
Ctrl + Alt + Shift + J
control + command + G

Add Selection for Next Occurrence
同じ単語を一つずつ選択
Alt + J
control + G

Unselect Occirremce
同じ単語を一つずつ選択解除
Alt + Shift + J
control + shift + G

Indent Selection
インデントを一つ上げる
Tab
tab

Unindent Line or Seletion
インデントを一つ下げる
Shift+ Tab
shift + tab

Comment with Line Comment
コメントアウト(行単位)のON・OFF
Ctrl + /
command + /

Comment with Block Commet
コメントアウト(ブロック単位)のON・OFF
Ctrl + Shift + /
command + shift + /

Hide All Tool Windows
ツールウインドウ(サイドのツリー表示)の表示・非表示
Ctrl + Shift + F12
command + shift + F12

Project
プロジェクトウィンドウ(サイドのツリー表示)へ移動

command + 1 (※escでエディタウインドウへ移動)

Synchronize
ファイルの同期

option + command + Y

New Folder...
新しいファイル・フォルダなどの作成

command + N

Emmet展開

tab※1

※エディタ画面からターミナルへは option + F12 で移動しますが、ターミナルからエディタ画面へ戻るショートカットが見当たりません。エディタ画面へ戻りたいときは、command + 1 でプロジェクトウィンドウへ移動してから esc でエディタ画面へ戻っています。

※記載しているショートカットは一部ですので、他のショートカットを確認したいときは下記の方法で確認してください。

※1 PhpStorm上から新規ファイルを作成するときは HTML File を選択しないと Emmet 展開されないかも


設定画面の定義

基本的に各種設定は環境設定画面で行うことが多いです。

Windows
Mac

設定画面を選択して開く
File > Setings
PhpStorm > Preferences

設定画面をショートカットで開く
Ctrl + Alt + S
command + ,

この操作で表示される画面を設定画面と呼びます。


ショートカットの確認・設定


確認方法

設定画面の Keymap からショートカット一覧を確認できます。

keymaps は変更可能で EclipseNetBeans などに変更することが可能です。

私は AtomSublimeText しか使ったことがなく、keymaps にそれらの選択肢がないので、Default にしています。


設定方法


手順1

キーマップ一覧からショートカットを割り当てたい項目をダブルクリックすると「Edit Shortcuts」が表示されるので「Add Keyboard Shortcut」を選択します。


手順2

「Keyboard Shortcut」が表示されるので入力欄を選択してショートカットのキーを入力します。

※ショートカットが既に割り当てられていると Already assigned to と表示されます。

PhpStormはデフォルトでショートカットが割り当てられていない機能があります。

下記の機能はデフォルトで割り当てられていないので、下記のように任意で設定しました。

Keymap上の表示
動作
Windows
Mac

Select Line at Caret
行を選択
思案中
思案中

Split Vertically
画面を縦に分割
Alt + Shift + V
option + shift + V

Split Horizontally
画面を横に分割
Alt + Shift + H
option + shift + H


その他の設定


目次


  1. 画面の色(テーマ)の変更

  2. 同期と保存の変更

  3. 保存されていないファイルに*を表示する

  4. 文字を折り返して表示

  5. FTP・FTPSを設定する

  6. CakePHPのctpファイルを追加する


画面の色(テーマ)の変更

デフォルトでは背景が白のテーマなので、黒に変更します。

テーマの設定はUI部分とコード部分の2つあります。

UI部分の変更は設定画面の Appearance & Behavior > Appearance を選択し、UI Options の Theme を Darcula に変更

コード部分の変更は View > Quick Switch Scheme... > 1.Color Sheme > 2.Darcula を選択


同期と保存の変更

PhpStormはデフォルトで自動保存・同期がONになっています。

同期とは別のエディタなどで変更があった場合に変更内容を同期するかなどの設定です。

設定画面の Appearance & Behavior > System Settings で設定画面が表示されます。

下記の項目のチェックを全て外せば、自動で同期も保存もされなくなります。

但し、デフォルトでは保存されていないファイルにアスタリスクなどの目印が付きません。

後述する方法で設定してください。

項目名
意味

Synchronize files on frame or editor tab activation
フレームまたはエディタのタブがアクティブのときに同期

Save files on frame deactivation
フレームから離れたときに保存

Save files automatically if application is idle for 15 sec.
アプリケーションが15秒アイドル状態のときに自動的にファイルを保存

Use "safe write"(save changes to a temporary file first)
安全な書き込みを使用するか


保存されていないファイルに*を表示する

設定画面の Editor > Editor Tabs を選択し、Mark modified tabs with asterisk の項目にチェックを入れてください。


文字を折り返して表示

設定画面の Editor > General を選択し、Soft Wraps にある Use soft wraps in editor の項目にチェックを入れてください。


FTP/FTPSを設定する

※レンサバ(ロリポップ)のFTPSを設定したきの手順です。

設定画面の Build, Execution, Deployment > Deployment を選択します。

+を選択して Name にサイト名(命名は任意)を入力し、Typeを選択します。

TypeFTP とありますが、FTP は通信が暗号化されていないため、FTPSまたはSFTPで設定してください。

Connection タブの各項目を入力します。

FTPS hostにはホスト名(サーバー名)を入力します。

Root pathにはルートパス(フルパス)は / にします。

User name にはユーザー名(アカウント名)を入力してください。

Password にはパスワードを入力し、保存する場合は Save password をチェックしてください。

Advanced options... を選択し、Passive modeにチェックを入れ、OKを選択します。

※FTP接続にはパッシブモード(PASVモード)とアクティブモード(ACTIVEモード)の2つがあります。

 それぞれの違いはここがわかりやすいと思います。

 詳しくしりたい方はググってください。

独自ドメインを使用している場合は、Web server root URLにURLを入力してください。

ここを入力するとコード入力画面の右上に出てくるブラウザアイコンを選択するだけで、Webページが表示されるようになります。

Mappings タブに移動して各項目を設定します。

Local Path はWebサイトのデータがあるディレクトリを選択してください。

複数サイトを運営しているなど、アップロード先がルートパス(フルパス)とは異なる場合、 Deployment path on server にディレクトリ名を入力してください。例えば、ルートパス(フルパス)は/home/xxxx/www/ だけどWebサイトのアップロード先は/home/xxxx/www/hoge/の場合は、Deployment path on serverhoge と入力してください。

これで一通りの設定は完了です。

ファイルをアップロードしたいときは、ファイル選択中に

Windowsの場合 Ctrl + Alt +Shift + X、 Macの場合 option + shift +command + X で登録したサーバーが一覧で表示されるので該当サーバーを選択するとアップロードされます。


CakePHPのctpファイルを追加する

設定画面の Editor > File Types を選択。

上のRecognized File Types のリストにあるPHPを選択。

下のRegisterd Patternsの+を選択し、*.ctp と入力してOKを選択。