openFrameworks

[openFramewoks] ofxOpenCv で映像から顔検出

ついにここまで来ました....顔検知。目指せ「笑顔の検知」
ofxOpenCvを使ってカメラ映像から顔の検知をします


完成画はこんな感じです。 
(顔出しは恥ずかしいので最初モザイクかけたら
失敗したコンビニ強盗みたいになったのでいっそ晒します。
失うものなどもはやない)

動画
https://youtu.be/OgiqTnW2Vy0
多少の誤検知はありますね

 

opencvでは物体検出にカスケード分類器というものを使うそうです。

「たくさんの物体の特徴が定義されて、」
機械学習された学習データのことを、カスケード分類器といいます。
今回はofxCvHaarFinder finder ;
finder.setup("haarcascade_frontalface_default.xml");
がそれにあたります。

 

実装方法

of_v0.9.8_osx_release/examples/addons/opencvHaarFinderExample/bin/data/haarcascade_frontalface_default.xmlのカスケード分類器ファイルをプロジェクトのbin/data内にコピーしときます。

スクリーンショット 2017-11-18 13.17.19.png


ofApp.hで
    // カメラ入力画像、グレースケール映像を定義
    ofxCvColorImage colorImg;
    ofxCvGrayscaleImage grayImg;

ofApp.cppで
colorImg、grayImg
それぞれを処理するメモリ領域を確保   allocate(割り当てる)

// 顔検出 検分器の読み込み
finder.setup("haarcascade_frontalface_default.xml");

// グレースケールかrオブジェクトを検知
 finder.findHaarObjects(grayImg, 10, 10);

正面顔を検知してdrawで四角形を描画。

こちらをトリビュートしてコード記述
http://www.tkd55.net/?p=532

コード

ofApp.h
#pragma once

#include "ofMain.h"
#include "ofxOpenCv.h"

class ofApp : public ofBaseApp{

    public:
        void setup();
        void update();
        void draw();

        void keyPressed(int key);
        void keyReleased(int key);
        void mouseMoved(int x, int y );
        void mouseDragged(int x, int y, int button);
        void mousePressed(int x, int y, int button);
        void mouseReleased(int x, int y, int button);
        void mouseEntered(int x, int y);
        void mouseExited(int x, int y);
        void windowResized(int w, int h);
        void dragEvent(ofDragInfo dragInfo);
        void gotMessage(ofMessage msg);

    // カメラ
    ofVideoGrabber cam;

    // カメラ入力画像
    ofxCvColorImage colorImg;
    // カメラ入力グレースケールの画像
    ofxCvGrayscaleImage grayImg;

    // サイズ定義
    const int W =  640;
    const int H = 480;

    // 顔検出器
    ofxCvHaarFinder finder;

};

ofApp.cpp
#include "ofApp.h"

//--------------------------------------------------------------
void ofApp::setup(){

    // 背景を黒に
    ofBackground(0, 0, 0);
    // カメラからの取り込み
    cam.initGrabber(W, H);
    // それぞれを処理するメモリ領域を確保   allocate(割り当てる)
    colorImg.allocate(W, H);
    grayImg.allocate(W, H);

    // 顔検出 検分器の読み込み;
    finder.setup("haarcascade_frontalface_default.xml");

}

//--------------------------------------------------------------
void ofApp::update(){

    // カメラの更新
    cam.update();

    // 一個一個のピクセルデータをカラーイメージにほりこんでる
    colorImg.setFromPixels(cam.getPixels().getData(), W, H);

    // グレースケールイメージにカラーデータを入れる
    grayImg = colorImg;

    // グレースケールかrオブジェクトを検知
    finder.findHaarObjects(grayImg);

}

//--------------------------------------------------------------
void ofApp::draw(){

    // 映像出力
    ofSetColor(255,255,255);
    colorImg.draw(0, 0, W, H);

    // 検出した顔を黄色の四角で覆う
    for(int i = 0; i < finder.blobs.size(); i++) {

        // 検出した顔を黄色の四角で覆う
        ofNoFill();
        ofSetLineWidth(5);
        ofSetColor(255,255,0);

        // 正面顔を検知認識
        ofRectangle faceBox = finder.blobs[i].boundingRect;

        // 四角形を描画
        ofDrawRectangle(faceBox.x, faceBox.y, faceBox.width, faceBox.height);
    }


}