Help us understand the problem. What is going on with this article?

Windows 上で SSH 越しに `atom .` とか `code .` した話

More than 3 years have passed since last update.

こんにちは @3846masa です.

この記事は NCC Advent Calendar 2日目の記事です.

3846masa Advent Calendar 2日目の記事でもありますが,
こちらはそもそも 1日目がない 上に 続ける気力もない ので気にしなくていいです.


tl;dr | 概略

  • VirtualBox 上の Ubuntu から ホストOS 側の Windows に atom . したい
    • 普段は VirtualBox の Ubuntu からコマンドを叩くため
    • エディタは samba 経由で Windows 上の Atom や VSCode を使っている
  • OpenSSH on MSYS2 を使うとできるようになる
    • 他の SSHD も試したけど,これでないと動かなかった
  • 問題点は結構あるので,汎用的に使えるように解決していきたい
  • こんな環境は稀有なので,役に立たない記事

以下は cmd <windows command> できるようにした図.(cmd atom . などもできる)

cmd echo

cmd code

はじめに

問題の環境

  • ホストOS は Windows 10 (Anniversary Update 済み)
  • 普段の作業は VirtualBox で Ubuntu 16.04 を動かしている
    • 画面は非表示(ヘッドレスモード)
    • MSYS2 で OpenSSH を使って接続
    • ターミナルは Cmder
  • Ubuntu では samba が建っていて Windows からアクセス可能
    • U ドライブにマウントしている
    • 普段は U ドライブからファイルを Atom や VSCode で開く

問題点

  • カレントディレクトから GUI アプリケーションを起動できない
    • atom .code .explorer . ができない

手法

問題点を解決するために色々試した.

試行 1 | SSHBroker

Bash on Ubuntu on Windows をインストールすると, SSHBroker なるものが勝手にインストールされる.
(参考:Windows10 Anniversary updateで知らぬ間にSSHdが起動している : やすひでぶろぐ

これは SSH 越しに cmd を使うことができる代物らしいが, パスワード認証である ため開放するのが怖い.

公開鍵認証にする方法を探してみるも, 無効にする方法しかでてこない
早々に断念する.

試行 2 | Win32-OpenSSH

Windows 版 OpenSSH である Win32-OpenSSH があることを思い出す.
インストール方法 があるので,そつなく SSH 接続までたどり着く.便利である.

ただし, atom . をしても バックグラウンドプロセスになり,ウィンドウが表示されない
ググっても似たようなことをしている人がおらず,早々に断念する.

試行 3 | OpenSSH on MSYS2

MSYS2 の ssh を使って VirtualBox にアクセスしていたことを思い出す.

MSYS2 の sshd を使う記事を探すといくつか見つかる.
Windows10タブレットにMSYS2を入れてsshデーモンを立ち上げてみた - もぐてっく を参考に進めていく.

準備が整い, explorer . と 試してみたところ,しっかりウィンドウが表示された.

OpenSSH on MSYS2 での弊害と解決法

結論を言うと,OpenSSH on MSYS2 で目的は達成できた.
しかし,実際の運用には問題がいくつか生じたのでここに記す.

問題点 1 | ネットワークドライブ

前述の記事通りに cygeunsrv を使えば SSHD のデーモン化ができる.
しかし, 管理者権限で実行される という弊害がある.

これによって, なぜかネットワークドライブに割り当てたドライブレターに SSH でアクセスできない 問題が生じる.

理由の解明はしていないが,管理者権限でなければアクセスできた.
そのため, cygeunsrv を避ける方針に変更する.

解決策

適当なバッチファイルを作って, sshd を起動させる.

このとき, /usr/bin/sshd として起動させる必要があるため,一旦 bash を経由する必要がある.

以下のバッチファイルを C:\msys64 に生成して,スタートアップに登録する.

@echo off
REM 参考: http://scripting.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/powershell-20-4.html
PowerShell -WindowStyle Hidden -Command Exit
%~dp0\usr\bin\bash.exe -c "/usr/bin/sshd -D"

問題点 2 | 環境変数が読み込まれない

SSH 経由でアクセスすると, Windows 側の環境変数が読み込まれない

その影響により, VSCode や Atom は起動をしてくれない

(その他,環境変数に依存するプログラムは起動しない.)

VSCode Error

解決策

ssh-env - ssh実行時に環境変数を設定/変更したい - spikelet days を参考に, SSH 接続時に環境変数を設定してくれるようにする.

(現在は手動で追加しているが,自動で反映されるようにしたほうが良い.)

# ~/.ssh/environment
# For VSCode
APPDATA=C:\Users\3846masa\AppData\Roaming
# For Atom
USERNAME=3846masa
USERPROFILE=C:\Users\3846masa

問題点 3 | PTY allocation request failed on channel 0

SSH 接続時に PTY allocation request failed on channel 0 というエラーが発生する場合がある.

いまのところ原因がよくわかっていないが, 前回 SSH 越しに起動失敗したプロセスが残っていると起きる ようである.

解決策

いまのところ見つかっていない.
原因と思われるプロセスをタスクマネージャーから停止させる他ない.

問題点 4 | パスが違う

Ubuntu 内のパスと MSYS2 内のパスが一致しない.

解決策

次のようなシェルスクリプトを書くことによって,雑に対処する.

function cmd() {
  CUR_DIR=`pwd | sed -e "s#^$HOME#/u#"`
  ssh 3846masa@192.168.206.1 -q -i ~/.ssh/virtualbox -t "cd $CUR_DIR; cmd //c $@"
}

これによって

cmd echo

こんな感じで雑に書ける.

結論

cmd code . とか cmd atom . とか cmd explorer . とかできるようになった :tada:

cmd explorer

おわりに

VirtualBox 上の Ubuntu から atom .code . を起動させる手法について検討した.

  • OpenSSH on MSYS2 の sshd を利用する
  • 管理者権限は与えずに sshd を実行する
  • 環境変数は ~/.ssh/environment に記載する

上記の手法で目的を達成する事ができた.
しかし,まだ問題点はいくつか残っているため,汎用的につかえる方法を模索していきたい.

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした