Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ubuntu 16.04 のインストール

More than 1 year has passed since last update.

Linux学習のために環境構築します。
USBメモリーを使って、Ubuntuをインストールするところまで

今回、使用する機器:インテル NUC / Model:DN2820FYK


Windows上での用意

インストール用のUSBメモリーを用意する

  1. USBメモリーにIOSイメージを保存するため、今回はRufusを利用、Rufus 2.18をダウンロード
  2. Ubuntu Japanese Teamの Ubuntu Desktop 日本語 Remix を利用、ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.iso(ISOイメージ)をダウンロード
  3. rufus-2.18を起動
    1. IOSイメージで「ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64」を選択
      Rufus.PNG
    2. ポップアップで「はい(Y)」を選択
      Rufus_hopup.PNG
    3. ポップアップで「IOSイメージモードで書き込む(推奨)」を選択しOKをクリック
      Rufus_hopup2.PNG
    4. ポップアップの警告でOKをクリック
      Rufus_hopup3.PNG
    5. 準備完了となったら「閉じる」をクリック
      Rufus_hopup4.PNG
  4. USBを取り外して終了

機器上での操作

USBメモリーをセットして電源を入れる

BIOS
F2 to Enter Setup
F7 to Update BIOS
F10 to Enter Boot Menu
  1. F10を押して、Boot Menu画面へ進む
  2. ↑↓で「USB」を選んでEnter(Select)
  3. 日本語を選び、「Ubuntuをインストール」をクリック
  4. 「グラフィックス、Wi-Fi機器、Flash、MP3やその他のメディアに必要なサードパーティーソフトウェアをインストールする」を選択して「続ける」をクリック
  5. 「ディスクを削除してUbuntuをインストール」を選択して「インストール」をクリック
  6. 「ディスクに変更を書き込みますか?」の警告に「続ける」をクリック
  7. 「どこに住んでいますか?」に「Tokyo」を選択して「続ける」をクリック
  8. 「キーボードレイアウト」で「日本語 - 日本語(かな86)」を選択して「続ける」をクリック
  9. 「あなたの情報を入力してください」
あなたの名前:haru
コンピューターの名前:haru-desktop
ユーザー名の入力:haru
パスワードの入力:*****
パスワードの確認:*****

「自動的にログインする」を選択して「続ける」をクリック(*)
10. 「インストールが完了しました」で「今すぐ再起動する」をクリック

(*:学習用途なので、利便性を求めてWi-Fi経由でSSHログインしたい。
デフォルトでは、ログイン前には Wi-Fi接続が されないため、自動ログインを選択します。
設定による回避策はあるようだが、学習がすすんだら 追々修正を考えよう。)

おしまい


参考にしたHP
Ubuntu の日本語キーボード レイアウト

37key
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした