Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWSにVPNサーバをたてて、LinuxのラップトップからVPN接続できるようにする

経緯

youtubeを観てたらかっこいい外人がAWSに無料でVPNサーバ構築する方法を紹介していたので、そのメモ
setup a FREE VPN server in the cloud (AWS)
https://www.youtube.com/watch?v=m-i2JBtG4FE&t=529s

環境

接続するクライアントはArch Linux(Arch Labs),カーネルバージョン5.4.70-1-lts,ウィンドウマネージャはopenbox
AWSアカウントあり
実行したリージョンはap-northeast-1

手順

以下を選択

OpenVPN Access Server
Linux/Unix, Ubuntu Ubuntu 18 LTS | 64-bit (x86) Amazon Machine Image (AMI) | Updated: 8/3/20

Bring Your Own License (BYOL)は> 2 Clientsまで
Review and Launchをクリック
rootでログイン

ssh root@ec2-********.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com

yes入力してから、その後のプロンプトはEnter連打
セッションから抜けるので、その後以下で再度ログイン

ssh openvpnas@ec2-********.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com

openvpnユーザの資格情報設定

sudo passwd openvpn
exit

以下でブラウザアクセス

https://${パブリックIPアドレス}:943/admin

openvpnユーザ、設定した資格情報でログイン
VPN Settingsをクリック
Routing->Should client Internet traffic be routed through the VPN?yesに設定
save settingsをクリック->Update Running Serverをクリック
以下にアクセス
(資格情報はopenvpnユーザのものを使用)

https://${パブリックIPアドレス}:943/

Yourself (user-locked profile)をクリックしてclient.ovpnをダウンロード
NetworkManagerのopenvpnプラグインをインストールしていなければ、以下を実行

sudo pacman -S networkmanager-openvpn

NetworkManagerのGUI(nm-applet)でVPN接続->VPNを設定->+をクリック、保存したVPN設定をインポートするをクリック
client.ovpnを選択
ユーザ名とパスワードにopenvpnユーザの資格情報を入力、保存をクリック
再度nm-appletのアイコンをクリック、VPN接続->client にチェックを入れる
nm-appletのアイコンに鍵マークがつくことを確認して、以下コマンドを実行
出力されたIPアドレスがOpenVPNサーバのパブリックIPになっていることを確認する

dig +short myip.opendns.com @resolver1.opendns.com

感想

わかりやすい動画をありがとうございます
外人て表現ポリコレ的にアウトなのかな
ポリコレ言葉狩り怖い
EC2起動しっぱなしだと金かかるから、ElasticIPつけて、必要なときに起動するのほうがいいかな

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away