PHP
CakePHP
homebrew
Composer
intl

HomebrewでCakePHP環境構築〜インストール編

intlをインストール

CakePHPをインストールするためには、まずintlというものが必要らしい。

PHPのバージョンを確認し、brew searchで該当するパッケージを確認後、インストールする。

$ php -v
$ brew search intl
$ brew install homebrew/php/php71-intl

今回composer.jsonの編集は行わなかった気がするが・・・どうやらパッケージの依存情報を定義するファイルらしい。

ComposerでCakePHPをインストール

アプリケーションを作成したい場所(ディレクトリ)へ移動し、実際に作成する。今回はtestcakeという名前にする。

途中でSet Folder Permissions ? (Default to Y) [Y,n]?と聞かれるので、Yを入力して進める。

$ composer self-update && composer create-project --prefer-dist cakephp/app testcake

You are already using composer version 1.6.2 (stable channel).
Installing cakephp/app (3.5.1)
  - Installing cakephp/app (3.5.1): Loading from cache
Created project in testcake
Loading composer repositories with package information
Updating dependencies (including require-dev)
Package operations: 47 installs, 0 updates, 0 removals
以下略

作成したアプリケーションのディレクトリへ移動し、PHPの組み込みウェブサーバーを起動する。

$ cd testcake
$ bin/cake server 

Welcome to CakePHP v3.5.11 Console
---------------------------------------------------------------
App : src
Path: /Users/yuki/workspace/testcake/src/
DocumentRoot: /Users/yuki/workspace/testcake/webroot
---------------------------------------------------------------
built-in server is running in http://localhost:8765/
You can exit with `CTRL-C`

ブラウザを開いてhttp://localhost:8765/にアクセスし、CakePHPの画面が開けば作業完了。もしくは別ターミナルでcurlコマンドを使用して確認する。

$ curl -I  http://localhost:8765/

ちなみにCakePHPでは8765番ポートが使用されている。こちらも別ターミナルを開き、lsofコマンドで確認可能。

$ lsof -i:8765

終了はCtrl+Cで。
とりあえず、起動はできた。