Windows
Linux
log
テキストエディタ


数百MB以上のログを調査する

機会がとても多いんです。

RHEL6.5上で動作するWebアプリケーションが吐くログが毎日このサイズなんです。

そんな時に活躍しているのが、もう十数年愛用しているテキストエディタ、PeggyPad

今使っている最新バージョンのビルド日が2009-12-24なので、もう9年前のアプリです。

このテキストエディタは、もう開発が終了している(開発していた会社はあるみたいだけど開発部門が消滅した)ためダウンロードすらままならないので、インストーラが超大事です。

と言いながら先日紛失…爆

この子がですね。

数百MBのファイルがサクッと開いて編集も超軽いんです。

なので、ログチェックには手放せません。

※使った感覚的にはEmEditorよりも軽いです

代替アプリとして今はMeryを使っていますが、作者の方も言われている通り巨大ファイルが苦手で重いんですよね…

Vimが結構サクサク動いてくれるので代替アプリの候補に挙げましたが、Windows上で使うには不便すぎて…コマンドが覚えられない…

皆さん、こういったログのような巨大なテキストファイルを開いて内容を調査するには、どんなアプリを使われているんでしょう。

真っ先にEmEditor(Free含)や秀丸が挙がってくるのは目に見えるのですが、職場の事情で使えません。

AtomやBrancketなどのChromiumベース?のエディタはことごとく使い物にならず。

VS Codeもダメでした。

TeraPadやサクラエディタなどの定番系フリーテキストエディタも実用に耐えません。

もうこの問題に悩み続けて早数年。

何かいいアプリはないものか…