Edited at

AWSのEC2で行うAmazon Linux(nginx・php7.1-fpm)環境構築

More than 1 year has passed since last update.

Amazon Linuxの初期設定まで記事はこちらになります。

それでは前回までに作成したAmazon Linuxでnginx・php-fpmの環境構築をしていきます。


開発環境


  • Mac OS X(El Capitan) 10.11.6

  • Amazon Linux AMI 2017.09.1 (HVM), SSD Volume Type - ami-33c25b55


    • nginx version: nginx/1.12.1

    • PHP 7.1.11 (cli)

    • php71-fpm-7.1.11-1.29.amzn1.x86_64




事前に用意しておく必要があるもの


  • 接続先EC2のパブリックDNS

  • 作業ユーザ(Amazon Linuxの場合デフォルトはec2-user)

  • EC2からダウンロードした秘密鍵(デフォルトは****.pem)


AWSのEC2にSSH接続


SSH接続

以下のコマンドを実行してAWSのEC2にSSH接続します。

$ ssh -i ~/.ssh/秘密鍵名.pem ユーザ名@パブリックDNS


ログイン完了

以下が表示がされたらログイン完了です。

Last login: Mon Jan 15 17:27:41 2018 from ***.***.***.***

__| __|_ )
_| ( / Amazon Linux AMI
___|\___|___|

https://aws.amazon.com/amazon-linux-ami/2017.09-release-notes/


nginxをインストール


nginxをインストール

以下のコマンドを実行してnginxをインストールします。

# nginxをインストール

$ sudo yum install nginx -y

# インストール確認
$ nginx -v


nginxの起動設定

以下のコマンドを実行してnginxを起動します。

# 起動

$ sudo service nginx start

# 自動起動設定確認
$ sudo chkconfig --list nginx

# 自動起動有効化設定
$ sudo chkconfig nginx on

# ステータス確認
$ sudo service nginx status

# ブラウザ確認
$ パブリックDNS


php-fpmをインストール


php-fpmをインストール

以下のコマンドを実行してphp-fpmをインストールします。

# phpをインストール

$ sudo yum install php71 php71-fpm -y

# インストール確認
$ php -v

# パッケージバージョン確認
$ rpm -qa | grep php

php71-json-7.1.11-1.29.amzn1.x86_64
php71-cli-7.1.11-1.29.amzn1.x86_64
php71-xml-7.1.11-1.29.amzn1.x86_64
php71-common-7.1.11-1.29.amzn1.x86_64
php71-fpm-7.1.11-1.29.amzn1.x86_64
php71-process-7.1.11-1.29.amzn1.x86_64
php71-7.1.11-1.29.amzn1.x86_64


php-fpmの起動設定

以下のコマンドを実行してphp-fpmを起動します。

# 起動

$ sudo service php-fpm start

# 自動起動設定確認
$ sudo chkconfig --list php-fpm

# 自動起動有効化設定
$ sudo chkconfig php-fpm on

# ステータス確認
$ sudo service php-fpm status


php-fpmとnginxの接続設定


www.confの編集

以下のコマンドを実行して、www.confファイル内の【user】と【group】を【apache】から【nginx】に変更します。

# www.confファイルがあるディレクトリへ移動

$ cd /etc/php-fpm-7.1.d

# オリジナルファイルのバックアップを作成
$ sudo cp www.conf www.conf.org

# www.confの編集
$ sudo vi www.conf


/etc/php-fpm-7.1.d/www.conf

# php-fpmでのnginx実行ユーザー指定 

- user = apache
+ user = nginx
- group = apache
+ group = nginx


nginx.confの編集

以下のコマンドを実行して、nginx.confファイル内の【server】ブロック内を変更します。

# default.confファイルがあるディレクトリへ移動

$ cd /etc/nginx

# オリジナルファイルのバックアップを作成
$ sudo cp nginx.conf nginx.conf.org

# nginx.confの編集
$ sudo vi nginx.conf


/etc/nginx/nginx.conf

# インデックスファイル指定

- index index.html index.htm;
+ index index.html index.htm index.php;

# try_filesディレクティブ設定
- location / {
- }

+ location / {
+ try_files $uri $uri/ /index.php$is_args$args;
+ }

# nginxでのphpスクリプト実行設定
 - #location ~ \.php$ {
 - # root html;
 - # fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
 - # fastcgi_index index.php;
 - # fastcgi_param SCRIPT_FILENAME /scripts$fastcgi_script_name;
 - # include fastcgi_params;
 - #}

 + location ~ \.php$ {
 + fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
 + fastcgi_index index.php;
 + fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
 + include fastcgi_params;
 + }



php-fpmとnginxの接続確認


ドキュメントルートにphpinfo.phpのテストファイルを追加

以下のコマンドを実行して、ドキュメントルートでphpが実行できるか確認します。

# スーパーユーザーに切り替え

$ sudo su

# テスト用phpファイルの作成
$ echo '<?php phpinfo();' > /usr/share/nginx/html/phpinfo.php


nginxとphp-fpmの再起動

以下のコマンドを実行して、nginxとphp-fpmを再起動し設定を反映させます。

# nginxの再起動

$ sudo service nginx restart

# php-fpmの再起動
$ sudo service php-fpm restart

# ブラウザ確認
パブリックDNS/phpinfo.php


nginx error!対応


php-fpm再起動時にACLのワーニングが出る場合

Starting php-fpm-7.1: 

[16-Jan-2018 11:04:52] WARNING: [pool www] ACL set, listen.owner = 'nginx' is ignored
[16-Jan-2018 11:04:52] WARNING: [pool www] ACL set, listen.group = 'nginx' is ignored

php-fpm再起動時にACLのワーニングが出る場合は、www.confファイル内の【listen.acl_users】をコメントアウトします。


/etc/php-fpm-7.1.d/www.conf

- listen.acl_users = apache,nginx

+ ;listen.acl_users = apache,nginx

ブラウザで再確認してみますが、また【nginx error!】が表示されましたのでnginxの【error.log】を確認してみます。

ファイルパス:/var/log/nginx/error.log

参考までにphp-fpmの【error.log】は/var/log/php-fpm/7.1/error.logで出力されています。

# スーパーユーザーに切り替え

$ sudo su

# error.logの確認
$ less /var/log/nginx/error.log

## lessコマンドオプション
Shift + f (更新監視モードを実行)
Ctrl + c (更新監視モードを終了)
q (終了)

# エラー内容
2018/01/16 12:20:40 [crit] 32408#0: *13 connect() to unix:/var/run/php-fpm/www.sock failed (2: No such file or directory) while connecting to upstream, client: 111.107.157.137, server: localhost, request: "GET /phpinfo.php HTTP/1.1", upstream: "fastcgi://unix:/var/run/php-fpm/www.sock:", host: "13.231.12.47"


connect() to unix:/var/run/php-fpm/www.sock failedの修正


connect() to unix:/var/run/php-fpm/www.sock failed (2: No such file or directory) while connecting to upstream


上記エラーは【www.sock】ファイルがないため起こっているので、UNIXドメインソケット設定しphp-fpmを再起動して【.sock】ファイルを作成します。

その際、nginx.conf内の【include /etc/nginx/conf.d/*.conf;】という設定で/conf.d/php-fpm.confが読み込まれ【unix:/var/run/php-fpm/www.sock;】が使用されているのでUNIXドメインソケット設定はこちらに合わせて使用します。


UNIXドメインソケット設定


php-fpmのUNIXドメインソケット動作確認

以下のコマンドを実行して、php-fpmでUNIXドメインソケットを使用しているか確認できます。

# php-fpmのUNIXドメインソケット動作確認

$ netstat -al --protocol=unix |egrep "Proto|fpm"

Proto RefCnt Flags Type State I-Node Path


www.confの編集

以下のコマンドを実行して、www.confファイル内の【listen】と【listen.owner】と【listen.group】を変更します。

# www.confの編集

$ sudo vi /etc/php-fpm-7.1.d/www.conf


/etc/php-fpm-7.1.d/www.conf

# listenの内容を変更

- listen = 127.0.0.1:9000

- ;listen.owner = nobody
- ;listen.group = nobody

+ listen = /var/run/php-fpm/www.sock

+ listen.owner = nginx
+ listen.group = nginx



nginx.confの編集

以下のコマンドを実行して、nginx.confファイル内の【fastcgi_pass】を変更します。

# nginx.confの編集

$ sudo vi /etc/nginx/nginx.conf


/etc/nginx/nginx.conf

# fastcgi_passの変更

- fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
+ fastcgi_pass unix:/var/run/php-fpm/www.sock;


nginxとphp-fpmの再起動

以下のコマンドを実行して、nginxとphp-fpmを再起動し設定を反映させます。

# nginxの再起動

$ sudo service nginx restart

# php-fpmの再起動
$ sudo service php-fpm restart

# php-fpmのUNIXドメインソケット動作確認
$ netstat -al --protocol=unix |egrep "Proto|fpm"

Proto RefCnt Flags Type State I-Node Path
unix 2 [ ACC ] STREAM LISTENING 54424 /var/run/php-fpm/www.sock


ブラウザ再確認

以下のパスからブラウザ再確認します。無事表示されました。

パブリックDNS/phpinfo.php

ブログ記事の転載になります。