Help us understand the problem. What is going on with this article?

GASをGitHubで簡単管理可能なChrome拡張機能 ~導入時に躓いたこと~

概要

背景

GASのスクリプトエディタ画面にて簡単にGitHubでソースコードのバージョン管理が可能な、Chromeの拡張機能を導入したので、簡単な手順とちょっとだけ躓いた部分を備忘録として残しています。

▼Chrome拡張機能
Google Apps Script GitHub アシスタント

「Google Apps Script GitHub アシスタント」とは

  • Chromeの拡張機能
  • GASのスクリプトエディタ画面上から簡単にGitHubのリポジトリに連携が行える
  • GASのスクリプトエディタ画面上から簡単にPushやPullが簡単に行える image.png

導入手順

前提条件

  • GitHubのアカウントを登録済みである事
  • GASソースコード連携用のリポジトリを作成済み

手順

  1. 「Google Apps Script GitHub アシスタント」のChrome拡張機能をインストールする
  2. 連携したいGASのスクリプトエディタを開く
  3. Login SCMボタンを押下する
  4. GitHubのusername passwordを入力しGitHubと連携する
    ※メールアドレスではなく、usernameの点に注意
  5. 連携したいRepository Branchを選択する image.png
  6. ↓(Pull) ↑(Push)でソースコードのバージョン管理を行う

注意点

  • Login SCMでのログイン時、GitHubのエンタープライズ版の場合では、エンタープライズ版用の画面に切り替えて連携する
    image.png
  • GASのソースコードのファイル名が、関数名と一致していると↓(Pull) ↑(Push)時に正常にファイルを認識してくれないようです
    (※経験則なので詳細な条件とは別にあるかもしれませんmm)
  • GitHubの連携後、エンタープライズ版などで参照可能リポジトリが大量にある場合、リポジトリの読み込みが完了するまで、拡張機能が利用できません(筆者の場合だと5分程度時間が掛かります)

参考

GASのコードをGithub管理するChrome拡張が便利

20731057hh
C言語でのデータベース、認証モジュールの開発を約6年経験し、現在はQAとして自動化検証、不具合分析を中心に、ストーリーレビューやインスペクションレビューなど、上流工程からの品質向上に奮闘中です。 独学でPythonやGASを勉強し、作成した自動化検証ツールや業務効率化ツールは実際の業務でも運用しています。 現在は機械学習を勉強中。G検定2018#2、E資格2019#2を取得しました。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした